2018年4月20日金曜日

[Metal Injection] ボストン・マラソンの勝者は「BABYMETALに夢中」

[Metal Injection] ボストン・マラソンの勝者は「BABYMETALに夢中」

ロバート・パスバーニ(2018年4月19日)






2018年4月16日、日本の川内優輝が、2時間15群58秒のタイムで、2018年度、そして第122回ボストン・マラソンの勝者としてでゴールした。

今年のボストン・マラソンの勝者はメタルヘッドだった。川内優輝は、3度の気温の中、今年のマラソンを2時間15群58秒のタイムで優勝した。

川内は、1987年以来の優勝を果たした日本人となった。そして、川内を動かしているものはなにか? ヘビーメタルだ!

MetalSucksのレポートによれば、レース後の記者会見で、川内は自分が聴いている音楽について次のように語った:

「カラオケはまあX Japanの"Silent Jealousy"をすごく良く歌うんですが、最近はBABYMETALとかも結構いいかなと思ってます」

記者会見のクリップはこちら:

[記者会見のクリップへのリンク]

もしX-Japanの壮大な"Silent Jealousy"を良く知らなかったら、有名な東京ドームの演奏がこちらから見られる:

["Silent Jealousy"へのリンク]

▼元記事
Boston Marathon Winner Is "Big Into BABYMETAL"








2018年4月14日土曜日

[Supermusic] BABYMETALがグラフィック・ノベルに

[Supermusic] BABYMETALがグラフィック・ノベルに

OGP(2018年4月6日)

[インドネシア語からの重訳です]






BABYMETALのファン諸君、良い知らせだ。「カワイイ」ヘビー・メタル・ユニットがまもなく、Z2コミックスが出版する『APOCRYPHA: THE LEGEND OF BABYMETAL』というグラフィック・ノベルに登場する。このグラフィック・ノベルの発売は2018年10月を予定している。

グレッグ・チョミチュクが絵を描いたこの作品は144ページからなる。価格については、この黒い装丁のグラフィック・ノベルは25米ドル(訳345,000ルピー)となる。

この本のシノプシスによれば、BABYMETALという名の音楽のセンセーションを探る。彼女たちは闇の力とそのフォロワーを倒すことを命じられ、メタルの魂は時を超え、姿とアイデンティティーを変えねばならない」 メタル・ハマーによる。

「私たちが見ているのは現在のBABYMETALではない。これはこれまで聞いたこともないようなBABYMETALに基づくオリジナル・ストーリーだ。メタル・レジスタンスの魂の隠された外伝が姿を現す」

これまでに、BABYMETALは2枚のフル・アルバム、「BABYMETAL」(2014)と「Metal Resistance」(2016)をリリースしている。メタル・シーンでは比較的新しいが、BABYMETALはロック愛好家の関心を惹きつけることに成功した。妥協することなく、このヘビー・メタル・アイドル・バンドは、伝説のRED HOT CHILI PEPPERSと共演もしている。

かわいい少女たちのトリオは、今年中盤に欧米のツアーを行い、権威あるダウンロード・フェスティバルでも演奏する。

▼元記事
Babymetal Segera Rilis Novel Grafis






2018年4月10日火曜日

[Medium] ポップ・カルチャーにおける5つの理性的なフェミニスト・モデル(過去記事)

[Medium] ポップ・カルチャーにおける5つの理性的なフェミニスト・モデル(過去記事)

ジェニー・アセンシオ(2018年1月23日)






先週末にウィメンズ・マーチが行われたが、私は仕事や生活、それに他にもっとやることがあってほとんど無視していた。でも今年のマーチは昨年のそれよりずっと良いと聞くので、見逃して残念だった。昨年のマーチは偽の行動もいいところだったので、私は自分がフェミニストだと思っているけれど、誰かが子猫の帽子の写真をポストするたびに、いやになっていた。

(中略)

ただし、ある人物が、素晴らしく、とても考えさせられる質問をしてくれた。理に適ったフェニミズムを示しているのは誰か? だからウィメンズ・マーチと参加したすべての理性的なフェミニストのために、理性的なフェミニストが目を向けるべき5つの例を挙げる。

ワンダー・ウーマン

(略)

ゲーム・オブ・スローンズ

(略)

Babymetal

私のパワー・メタルに対する愛情に限界はないが、これはものすごいソーセージ・パーティであるジャンルだ。 テストステロンに駆られた戦いのアンセムからヘッドバンギングな酒の歌まで、メタルのモッシュピットはほとんど男性で構成されている。NIGHTWISH、ONCE HUMAN、それにARCHENEMYのような数少ないグループがこれに挑んでいるが、日本のトリオ、BABYMETALはもう少し多くのものを提示している。元々はJポップ(日本版のトップ40)とパワー・メタルの融合であるBABYMETALが合理的なフェミニストの例であるのは、女性がいるからではなく、その曲の歌詞やテーマによる。

熱狂的な"ギミチョコ!!"は、ダイエットと誘惑に関するものであり、隠されたテーマは、十代の少女の肉体的な魅力に対する執着を示唆している。"Karate"は強さと決意で障害を乗り越えることについてだ。"メギツネ"は、呪文と狡猾で疑いを知らない犠牲者の肉体を乗っ取る、トリックスターであるキツネの魂に関する日本の伝説に関するものだ。この曲は、女性が一般にキツネでも、女優でも欺く者でもないことを説明している。最新アルバム、「Metal Resistance」の"Road of Resistance"は、可愛らしい人形に似た三人の女性からによるものであることを除けば、一切ジェンダーに結び付けられていない行動を求めるパワフルな呼びかけだ。

BABYMETALはメタルヘッドから賛否両論を受けている。ロブ・ゾンビはツイッターで彼女たちを弁護し、JUDAS PRIESTのシンガー、ロブ・ハルフォードは共演を果たした。反対の多くは、彼女たちのカワイイ人形のようなルックスと、サウンドのポップスター的な要素が混ざり合っていることから来る。彼女たちの歌詞は十代の少女や若い女性に向けられているのは事実だが、彼女たちが歌っている内容は、私たちが十代の子たちに学んで欲しいことではないだろうか?

エマ・ワトソンのベル(美女と野獣)

(略)

レイア姫

(略)

BABYMETALを例外として、上の女性たちは架空だが、そのすべてが、一般にこの世の女性を大切にし、女性に関する保守的な期待に疑問を投げかけるような考え方によってインスピレーションを得ている。だが、彼女たちが理性的なフェミニストとして他と違っているのは、彼女たちは男性もいる世界で生きていて、男性も自分の役割を果たす限り、それで構わないという点だ。彼女たちは、男性に対して同じような仮定を行うことがない女性についての仮定に挑み、どちらをひいきすることもなく、両性に利益を与えるような新しい社会規範を確立している。

平等は均等な取扱と言うことではないし、差別で差別と戦うことでもない。これが理性的なフェミニストが他のフェミニストと違うところであり、女性に関する論議を理性的な方向に向けるために必要なのは、私たち自身のインタラクションを通じて、彼女たちの例に従うことだ。

▼元記事
5 Rational Feminist Role Models in Pop Culture






2018年4月7日土曜日

[NME] BABYMETALが新しい「メタル・レジスタンス」の始まりを発表、ファンをじらす

[NME] BABYMETALが新しい「メタル・レジスタンス」の始まりを発表、ファンをじらす

ウィル・バトラー(2018年4月5日)






「新たな時代の幕開けが今始まる」

日本のメタル・トリオ、BABYMETALが、新しい「メタル・レジスタンス」の到来を告げる、謎めいた新しいトレイラーをリリースした。

このビデオによれば、「新たな時代の幕開けが今始ま」り、バンドの基礎となっている「メタル・レジスタンス」についてのかなりシリアスなコンセプトの詳細を告げている。

聴き起こすと、「BABYMETALとは 時空を超え 肉体を超え 思考を超え メタルの銀河を旅する英雄のメタルの魂の物語である 英雄の中に宿るメタルの魂は 復活 再生を繰り返す」という。

これがひそかなアルバム発表なのかは不明だが、BABYMETALの既に発表済のツアー・スケジュールをチェックはできる。

5月
08 - ミズーリ州カンザスシティー@アップタウン・シアター
10 - テキサス州オースティン@ACLライヴ・アット・ザ・ムーディ・シアター
11 - テキサス州ダラス@ハウス・オブ・ブルース
13 - テキサス州ヒューストン@リテンション・ミュージック・センター
15 - ジョージア州アトランタ@タバーナクル
17 - ノースカロライナ州シャーロット@ザ・フィルモア
18 - テネシー州ナッシュヴィル@マラソン・ミュージック・ワークス
20 - オハイオ州コロンバス@ロック・オン・ザ・レンジ

▼元記事
Babymetal tease fans announcing the beginning of the new “Metal Resistance”






[Otaku USA] BABYMETALがZ2コミックスのグラフィック・ノベルに

[Otaku USA] BABYMETALがZ2コミックスのグラフィック・ノベルに

マット・シュリー(2018年4月5日)






カワイイ・メタルのレジェンド、BABYMETALがマンガになる。

この日本のメタル・アイドルは、Z2コミックスのグラフィック・ノベル、『APOCRYPHA: THE LEGEND OF BABYMETAL』でその創生に関する物語を共有する。

ファンはご存じのように、このバンドはかなり凝った神話を持っている。プロデューサーはフォックス・ゴッドと直接交信し、バンドがどのようなサウンドやルックスを持つべきかを告げられるというのだが、確かにグラフィック・ノベルにはぴったりのマテリアルだ。

ハリウッド・レポーターによれば、共同出版者のスリダー・レディは、「Apocrypha」がバンドについての何を明かすのかについては隠し立てをしており、そのステートメントで「まだ出版までに数ヶ月あるので、多くを明かすには早すぎる。今後、BABYMETALのファンはより多くの告知を期待してもらっていいが、今日言えるのは、問題は誰がBABYMETALなのかではなく、BABYMETALとは何なのかであるということだ。」としているという。

レディ、じらすなあ。

ところでBABYMETALのライヴを見たければ、今年5月に米国ツアーをやるよ。

▼元記事
Babymetal Get Graphic Novel from Z2 Comics







2018年4月6日金曜日

[Metro] BABYMETALが、「バンドの背景にある神話を発見する」グラフィック・ノベルでマンガの世界に

[Metro] BABYMETALが、「バンドの背景にある神話を発見する」グラフィック・ノベルでマンガの世界に

ケイティ・ベイリー(2018年4月4日)






BABYMETALが、ファンにこのトリオの背後の世界を探らせてくれるグラフィック・ノベルを出版する。

2010年に結成されたこのグループは、今年秋に『APOCRYPHA: THE LEGEND OF BABYMETAL』グラフィック・ノベルを発表する。

2枚のアルバム、「BABYMETAL」と「Metal Resistance」の大成功に続いて、彼女たちは、Z2コミックスから出版されるグラフィック・ノベルを通じて、舞台裏をファンにのぞかせる。この144ページの本についてのステートメントによれば、「世界的な音楽の風雲児、BABYMETALの神話を明かそう。闇と分断の力を打ち負かすことを課せられたメタルの魂は、異なったかたちやアイデンティティーを取りながら、様々な時代を旅しなければならない。私たちが目にしているのは、現在のBABYMETALではない。それはあなたが以前聞いたことがあるBABYMETALに基づく、オリジナル・ストーリーだ。長く隠されてきたメタルの魂が持つ、メタル・レジスタンスの外典が明かされる」という。

ただし、共同出版者のスリダー・レディは、「まだ出版までに数ヶ月あるので、多くを明かすには早すぎる。今後、BABYMETALのファンはより多くの告知を期待してもらっていいが、今日言えるのは、問題は誰がBABYMETALなのかではなく、BABYMETALとは何なのかであるということだ」と述べているように、この本がどこまで開かすのかについて、バンドは口が硬い。

今後数ヶ月頭を巡らすべきものだ。

このトリオは、欧米のツアーとダウンロード・フェスティバルへの旅で、出版まで忙しい日々を送るだろう。

▼元記事
Babymetal to cross over into comics with graphic novel that will ‘discover the myth behind the band’







[Eska Rock] アヴェンジャースのようなBABYMETAL—自身のコミックを手に

[Eska Rock] アヴェンジャースのようなBABYMETAL—自身のコミックを手に

(2018年3月3日)






[ポーランド語からの重訳です]

BABYMETALにはヘイターと同じくらい熱心なファンがいるが、グループに人気はずっと高まり続けている。理想的な例が、間もなく出版されるコミック・ブックだ。

BABYMETALはメタルの世界では完全に独特な存在で、一方でマンガのキャラのように歌い踊る三人の女性ヴォーカリストがいって、もう一方にヘヴィーなリフを弾くメタルミュージシャンがいる。数年にわたって、バンドは多くの権威あるフェスで演奏し、ものすごい数のファンとヘイターを獲得してきた。

一つ確かなことは、彼女たちの人気が否定できないことで、そのことは自分自身のマンガ本が出ることからも分かる! 2018年10月に、『APOCRYPHA: THE LEGEND OF BABYMETAL』コミックが出版される。これはバンドの曲のモチーフからいている。おもて表紙は既にネットに上げられている。

このマンガ本の出版は2018年10月の予定だが、ポーランド語版が出るかどうかは不明だ。

["Karate"へのリンク]

▼元記事
Babymetal jak Avengers. Zespół dostanie swój własny komiks