2017年5月28日日曜日

[Hollywood Palladium] サンセット・ブルーバードのハリウッド・パラディウムにおけるBABYMETAL

サンセット・ブルーバードのハリウッド・パラディウムにおけるBABYMETAL

6月16日
BABYMETAL—チケット入手可能!
ハリウッド・パラディウム(カリフォルニア州ハリウッド)
BABYMETALのチケットを買う






摩訶不思議で素晴らしいもののファンのすべてにとって、BABYMETALほどのものはいない! この日本の萌えアイドル・ミーツ・メタル・フュージョンの風雲児が、2017年6月16日(金)にハリウッド・パラディウムにやってきて、みんなを陶酔させる! チケットはどんどん売れている—すぐに予約して、後で後悔しないようにしよう! 

BABYMETALは、「メタルとアイドル(ポップスターが、ロール・モデルになるために作られる日本のジャンル)の融合」を実現することを目指して、2010年に女性アイドル・グループ、さくら学院の一環として結成された。バンド結成前は、当時12歳だった三人のシンガー(中元すず香=スゥメタル、水野由結=ユイメタル、菊地最愛=モアメタル)の誰もメタル音楽を知らなかった! 彼女たちの最初の音楽ビデオ、"ド・キ・ド・キ☆モーニング"は、オンラインしてから最初の2ヶ月の間に、YouTubeで100万ビューを超えた。

2014年2月に、BABYMETALは最初のバンド名を冠したアルバムをリリースした。これは評論家、そしてリスナーの両方から等しく大歓迎され、最初の1週間で37,000枚を売り、ビルボード・ジャパンで第2位にチャートインした。また、ドイツ、英国、そして米国のiTunesのメタル・チャートの第1位となり、3月22日には米国ビルボード200にランクインしたが、日本人のアーティストとしてはまれに見る成功となった! 4月2日、セカンド・アルバム、「Metal Resistance」のリリースの翌日、BABYMETALはウェンブリー・アリーナでヘッドライナーを務めた最初の日本のバンドとなったが、この公演はザ・ガーディアン紙で5つ星を獲得した!

その不思議で、可愛らしい個性によりインターネットを席巻した、彼女たちの音楽ビデオによって最も良く知られるBABYMETALのライブのエネルギーほど彼女たちの正しさを証明するものはない! 世界で最も変で、最も可愛くて、もっともヘビーなバンドを目にするチャンスを見逃すな! 今すぐチケットを手に入れて、BABYMETALのライブを目撃しよう!

▼元記事
Babymetal at Hollywood Palladium at Sunset Boulevard





2017年5月24日水曜日

[How to Become a Rock Star Photographer] HTBARP 5 ダナ・ディストーション:音楽写真家として挑戦に対処する

 [How to Become a Rock Star Photographer] HTBARP 5 ダナ・ディストーション:音楽写真家として挑戦に対処する

では今日のゲスト、私の友人で素晴らしい音楽写真家である、ニューヨーク出身のダナ・ディストーションだ。はじめてダナにあったのはアルゼンチンのブエノスアイレスで、私たちは2016年のハイライツ展示会に参加していた。時に、初めて出会ったのに、お互いを長年の知り合いのように感じることがある。ダナとはこれが当てはまり、私たちは親友になった。

この回は、これまでで(少なくとも私にとっては)最もインスピレーションの得られたものになった。ダナは、音楽写真家としてどのように課題と取り組むかだけでなく、一般的な人間として話す。自分が一番やりたいと思うことをやる動機について語る。音楽写真の世界では女性同様に男性も苦労していること、日本のバンド、BABYMETALとの仕事、そしてどのようにフォト・ピットで段になったスツールを使うというアイデアを得たのか(それによってムーブメントを起こしたこと)について話す。なぜバンドのTシャツを着るのか、そして自分のファッション・レーベルを始めたについても。






[聞き起こしです、聞き取れていない部分とか分かったら教えてください]
[追記:メールにて聞き取れなかった部分を教えて頂きました。ありがとうございました]

27:15くらいから
マティアス・ホンバウア:ツアーや日本のバンド、BABYMETALのために写真撮影したことについて話したいんだけど。どういう風に始まったのかとか、

27:30
ダナ・ディストーション:私はTHE ROLLING STONESの撮影で日本に行って、休みの日に彼女たちを見に行った。私の友人が彼女たちのマネージャーに会って、何枚か写真を撮って送ったらとても気に入ってもらえて、彼女たちの公式写真家にならないかとオファーがあったので、いいわよ、と答えた。とても素晴らしい体験だった。私は過去2年間彼女たちとツアーして、誰もがとても良い人で、一緒に仕事をするのが本当に大好きだったし、このバンドがもう大好きで、大好きで、大好きで。その間に彼女たちは本当にビッグになって、私は彼女たちをとても誇りに思っている。ええ、あれは本当に素晴らしい体験だった。特に異なった文化と共に働くことがね。みんな日本人だったから。私は彼女たちが大好きだし、日本が大好き。はじめて日本に行ったときに、日本に夢中になってしまった。ずっと私は日本に行きたかった。日本文化のすべてが大好きだし、その美学が好き。だから日本の人たちとツアーをすることはとにかく……アメイジングだった。とにかくすべてがアメイジングで、悪かったことはただ一つもなかった。あの経験はアメイジングだった。

▼元記事
HTBARP 5 Dana Distortion: Dealing With Challenges As A Music Photographer





2017年5月23日火曜日

[Boston Globe] アリアナ・グランデのコンサートで爆発があり、少なくとも19名が死亡

[Boston Globe] アリアナ・グランデのコンサートで爆発があり、少なくとも19名が死亡

AP(2017年5月22日)






ロンドン(AP)—英国マンチェスターの警察の声明によれば、アリアナ・グランデのコンサートで月曜の夜爆発があり、少なくとも19人が死亡した。代理人によれば、アリアナ自身は負傷していない。

警察は、爆発をテロ関係の事件として取り扱っているという。

このアメリカ人シンガーによるコンサート中に何が起こったのか詳細は不明だが、目撃者によれば、アリーナのバーの近くで大きな爆発音が二度聞こえたという。

「大きなバック発音があり、みんながひどいパニック状態にあり、私たちは会場から逃げだそうとしました」とコンサート客のマジッド・カーン(22歳)は英国のプレス協会に語った。「一度爆発音があり、アリーナの反対側にいた人たちがみな、外に出ようとしていた私たちの方に向かってきました」

オリバー・ジョーンズ(17歳)は、「爆発音はアリーナのホワイエに響き渡り、みんなが走り出しました」

アリーナ内部のビデオは、コンサート客が悲鳴を上げながら、ピンクの風船の間を出口へ向かっている姿を示している。

警察は市民に対して、マンチェスター・アリーナ周辺の地域を避けるように求め、アリーナ近くの鉄道駅であるビクトリア・ステーションでは全員が待避し、すべての列車の運転が取りやめになった。

グランデのアメリカのレコード・レーベルの代理人、ジョセフ・カロッツァは、アリアナは無事で、何が起こったのかを調査中だと述べた。

デンジャラス・ウーマン・ツアーは、グランデの三枚目のスタジオ盤、「Dangerous Woman」をフォローアップする3度目のコンサート・ツアーだ。このツアーは2月3日にアリゾナ州フェニックスのトーキング・スティック・リゾート・アリーナから始まっている。

マンチェスター以降、ツアーはベルギー、ポーランド、ドイツ、スイス、フランスを含む欧州へと移動し、夏にはブラジル、チリ、アルゼンチン、コスタリカ、メキシコ、そして日本、タイ、フィリピン、ニュージーランド、オーストラリアなどを回る。

▼元記事
At least 19 people are killed in explosion at Ariana Grande concert




[Magical Idols] 新しいアイドル:BABYMETAL、音楽のヒロイン(過去記事)

新しいアイドル:BABYMETAL、音楽のヒロイン(過去記事)

(2017年4月21日)

[フランス語からの重訳です]






注:私の意見や分析の文責はすべて私にあります。自分の文化の方向から自分が聴いたり、見たりするものをとらえないように心がけましたが、西欧的なものとなっているかも知れません。

2010年ー2011年には既に音楽シーンに登場していたBABYMETALは、その典型的でないコンセプト(まさしくアイドル・メタル)ばかりでなく、伝統的なアイドルという概念からの逸脱の仕方という意味において、明らかに傑出した存在だ。国内だけでなく、海外での成功を考えれば、特に他のアイドルのグループと比較して、このことがうまく行っている。

アイドルとメタルをミックスすること自体がアイデアとしては間違っているように思えるが、10年に渡るハロー・プロジェクトのファンとして言わせてもらえば、実際、これは賢い。変に聞こえるだろうけれど、旅行中に私はJポップも好きなメタルヘッズにたくさん会った。二番目に、BABYMETALはメタルのファンだけでなく(女の子たちが認められる上で重要な役割を果たしていて、事実彼女たちはDRAGONFORCEと共演している)、Jポップなどしか聴いていなかった人たちも魅了している。コアなメタルよりもソフトな印象を与えるからだ。(私はDIR EN GREYのファンなんだけど、スゥは癒やしになると認めざるを得ない。)

彼女たちの曲の多くは、あらゆるメタルに対するオマージュになっているけど、私自身はビジュアル系しか分からない。ただ"紅月"はX-JAPANをやっていて、実際これは意図的なものだと分かる。聴いていると"紅"を思い出すし、とてもクールだ。私の青春だし、そこに何かが加えられている。

["紅月"のビデオへのリンク]

大げさなだけだという人もいるだろうけど、トリビュートはトリビュートであってコピーじゃないし、やっぱり別の曲だ。彼女たちの曲はあらゆるところに参照が入っているけれど、他のものが何かは私には知識がない(^-^)

BABYMETALはこうして、自分たちの個性を保ちながら、あらゆるスタイルに取り組んでいて、そのことは見ていて楽しい。

だが、音楽の話はもう十分だろう。ここではアイドルとしての女の子たちについて語ろうと思うし、読者が中学生アイドルを知っていればさらに素晴らしい。

基本的に、アイドルは女性らしさ、微笑、そしてファンに一種のファンタジーを与えるという規則に従わなければならない。あなたが夢みる女の子は、若くて、可愛くて、やせていて、微笑んでいて、ファンに対して献身的であり、少しか弱いので守りたくなるという日本の基準に従っている。女の子たちの年齢を考えれば、高校生の制服が一般にこのフォークロアに存在していることには同意してもらえると思うが、これは難しい問題なので後で述べる。というのは、私がアイドルに関心を持ったときには、同世代の女子たちばっかりだったんだけど、ライブで観客を見たら、大人の男性ばかりだった。彼らが対象となるオーディエンスであり、同世代の女子ではないのだ。

この側面はステージ衣装や、多くの女の子たちがやっているモデルの仕事に良く見られる。13歳あるいはそれ以下のビキニ写真なんて……病んでる。

それからBABYMETALを結成する前に、女の子たちはさくら学院(BABYMETALはそのユニットに過ぎなかった)のメンバーであり、このことを覆すものではない。

彼女たちはさくら学院から出たけれども、この種のグループのターゲットが誰かは分かる。

さて、私たちは基本的なアイドルのコンセプトを思い出したところだけど、それでこれ……。

["Road of Resistance"ビデオへのリンク]

甘い? いいえ。微笑み? お望みならば(でもそれは曲がそうするのであって、そうなるように仕向けられているわけではない。)

[キャプション:彼女の目の力は、真珠をまとうために存在しているわけじゃない]

アイドルが評価される純真さは……あるかたちでは存在しているけれど、そのことは何よりも、女の子たちのふるまいや、ステージで示すエネルギーというかたちになっている。通常見るような強いられたもの(ハートとかピンクとか)はない。彼女たちの表情に見られるのは大きな力であり、強い意志であり、男性が守りたくなるようなものではない。BABYMETALは、守りたい女の子たちとしてではなく、叙事詩のヒロイン、あるいは独立してやっていける反抗的な妹たちとして存在している。誘惑があるとすれば、それは彼女たちがものすごく強面だということだ。

実際、彼女たちの歌詞の多くは、自分たちの年齢のテーマが数多く取り上げられている点も重要だ(お祭り("いいね!")、コンサート("ヘドバンギャー")。中には伝統的な日本のゲームのテーマ("悪夢の円舞曲")、いじめ("イジメ、ダメ、ゼッタイ")、あるいは兄に度胸があるかを探すこと("Sis. Anger")などもある。伝統的なアイドルでは、曲は多様性からはほど遠く、通常はファンが自分のこととしてとらえられるようなラブ・ストーリーを取り上げている。

この点で、"Karate"は私の興味をひいた。これは戦い、決して倒れることのない強いヒーローを体現しており、衣装もアーマードレスのようになっている。BABYMETALにはいつも多くの女性らしさ(たとえば"メギツネ")があるが、自律した強い女性という姿も示す。アイドルというのはしばしばものすごく馬鹿な振りをしているというのに。

振り付けは戦闘に基づいており、これはストーリーテリングと美学の要素を示している。魅了するための要素と言うよりも、それ自体系統だったものだ。

結果として、欲望の対象という以上に、BABYMETALは私たちが賛美し、自分たちもそうなりたいと願い、ファンである女の子たちにとって優れたモデルである人たちになった。彼女たちの目標は、非常に男性的な環境の中で、より多くの人々にメタルを聴いてもらうことでもあるので、彼女たちは、ジャンルに新鮮さを吹き込みながら、素晴らしく自分たちを押し出している。私の意見では、これはとても成功しており、あの女の子たちは真のアーティストだ。特に、彼女たちの宇宙とその衣装のレベルによって、自分のようなちょっとしたゴスエモのような十代に直接訴えるものがあると思う。また彼女たちの歌には多くのユーモア、声のソフトさと楽器の間のやりとりがある("Sis. Anger"だけではなく、めちゃくちゃおかしい"おねだり大作戦")。

だから彼女たちは多くの異なったオーディエンスを動かし、あらゆる人たちをちょっとばかり和解させる。基本的にアイドルに二の足を踏む人々でBABYMETALの大ファンという人がいる。なぜなら、彼女たちはこのコンセプトの受け入れられない(および/または馬鹿げた)面を取り払ったからだ。他のアイドルのファンでもあり、またある面で落ち着かないことも多い私のようなファンにとって、BABYMETALは悪いところのない、すべてが良い存在であるし、そもそもアイドルはそうあるべきなのだ。

だからこの記事のタイトルに「新しいアイドル」とある。私の意見では、BABYMETALはすべてのアイドルのあるべき姿だ。自分の存在、若さにもかかわらずその才能、そして同年代の若いファンにとって、自我同一性のAクラスのモデルであり方向性であることに対して賛美される女の子なのだ。そして男性ファンもいるけれども、そちらからはその存在、特に音楽に対して賛美される。

アイドルは誰でも、ファンに喜びとモチベーションを与え、ステージでのエネルギーと進化を通じて、自分たちが何でもできるという印象を与えることができる。そこにBABYMETALは存在し続ける。私にとってはこのジャンルで。そして彼女たちがメタルを進化させるように、アイドルも進化させることに成功することを期待している。

▼元記事
La nouvelle idol : Babymetal, héroïnes de la musique





2017年5月22日月曜日

[Babymetal Newswire] NewswireがBABYMETALの友人であるDRAGONFORCEのハーマン・リをインタビュー!

NewswireがBABYMETALの友人であるDRAGONFORCEのハーマン・リをインタビュー!

(2017年5月21日)






俺たちは、またも独占インタビューをコミュニティーと共有できるのでとてもうれしい! DRAGONFORCEとは二度目のインタビューになる! 今回は、ハーマン・リで、彼は"Road of Resistance"でBABYMETALとコラボし、さらにダウンロード・フェスティバル2015、それにメタル・ハマー・ゴールデン・ゴッズ・アワーズで二度共演している! DRAGONFORCEのハーマン・リとのインタビューを読んでみてくれ!

ハーマン・リが、NewswireとのインタビューでBABYMETALと"Road of Resistance"について語る!

このインタビューは、俺たちのチーム、そしてコミュニティーにとってとても特別なものとなっている。DRAGONFORCE、特にハーマン・リはBABYMETALの素晴らしいサポーターであり、ファンであり、友人であるばかりでなく、バンドと"Road of Resistance"でコラボし、二度ライブで共演し、さらにツイッターでNewswireをフォローしてくれているんだ!

Newswire:インタビューを始める前に、立ち寄って、俺たちと話してくれてありがとう。DRAGONFORCEのウェブサイトでは、DRAGONFORCEのギタリスト、ソングライター、そしてプロデューサーと紹介されているけど、そもそもなんでミュージシャンになろうと思った?

ハーマン・リ:俺は遊びで音楽を演奏し始め、いつも自分がやっていることを楽しみながら、ベストを尽くしている。プロのミュージシャンになるつもりはなかったんだが、とにかくそうなってしまった」

Newswire:初めてのライブはいつだった?

ハーマン・リ:最初に演奏したのは、高校で友人とメタルのカバーを3曲やった時だ。俺は17歳で、ギターを1年演奏していた。俺たちはMETALLICA、MEGADETH、それにANTHRAXの曲をやったよ。

Newswire:DRAGONFORCEは、君とサム・トットマンの二人で「DRAGONHEART」としてスタートしたわけだけど、どういう風にDRAGONFORCEというアイデアが出てきたのか、そして20年近く経ってどう感じているか話してもらえるかな。世界中をツアーして、世界最高のギタリストの一人に数えられるようになると思ってた?

ハーマン・リ:DRAGONFORCEを始めたのは、楽しもうと思ったからだ。サムと俺はとにかくバンドを創って、ショーで演奏して楽しみたかった! それだけの歳月を経ても、俺たちはまだまだ良くなっているし、人がなんと言おうと、自分たちが大好きなことをやっている。俺たちは世界中をツアーして、その途中で人々にインスピレーションを与え、人々を微笑ませることができてとても幸運なんだ。

Newswire:ジョー・サトリアーニからポール・ギルバートまでものすごいミュージシャンとコラボしたことでも知られているし、またマーティ・フリードマンの2014年の欧州ツアーでスペシャル・ゲストとして演奏し、BABYMETALのギター神、大村孝佳と共演したことも覚えている。それから、"Road of Resistance"で、BABYMETALとスタジオでもコラボしているよね。BABYMETALのために曲を作ろうというアイデアはどこから出てきたの?

ハーマン・リ:BABYMETALのプロダクション・チームが、2013年に一緒にならないかと連絡してきたんだ。俺たちはBABYMETALのことは2011年から知っているし、彼女たちのことはいつも気に入っていた。俺たちはそれは本当に楽しくてカワイイだろうと思った。サムと俺はすぐにイエスと応え、貢献することにとても興奮した。それは世の中にあるものとは違った何か特別なものになるだろうと知っていたからね。

Newswire:昨年のインタビュー(インタビューはこちらから)でフレデリクにも訊いたんだけど、ハーマンの見方も知りたいんだ。自分たちがBABYMETALのために作業していると話した時、バンド仲間はどういう反応だった? 最終的に仕上がった曲を聴いたときは?

ハーマン・リ:全員が面白いことになるだろうと思ったし、できあがったものはみんな気に入ってくれたよ。Jポップ+DRAGONFORCEのスタイルのメタルだ。本当にユニークな組み合わせだろう?

Newswire:まことに! BABYMETALはとても特別な存在だ。君たちはBABYMETALと2回、最初は2015年のダウンロード・フェスティバルで、その時はBABYMETALがスペシャル・ゲストだった。それからメタル・ハマー・ゴールデン・ゴッズ2015では"Road of Resistance"と"ギミチョコ!!"を共演している。ダウンロードは一発勝負だったと聞いてる。女の子たちと共演した印象は?

ハーマン・リ:俺たちの予想通り、女の子たちはとてもプロフェッショナルだった。ダウンロードのショーは、一緒に演奏したことがなかったから、ちょっとびびったよ。マイクの技術的な問題があったけど、とても歓迎された。ゴールデン・ゴッズの前日に数時間リハーサルしたあとで、俺たち全員が次のショーには自信を持っていた。ゴールデン・ゴッズは大成功だったんだ! ライブのオーディエンスは本当にショックを受けていた。

Newswire:君の視点から見ると、DRAGONFORCEのリハーサルとBABYMETALとのリハーサルの違いは何だろうか?

ハーマン・リ:BABYMETALとのリハーサルの時の方が精神的に集中していた。というのは数時間しかなくて、一度限りだけのショーだったからね。俺たちは、ミスは許されないと自分自身に語りかけていたんだ。あの晩、DRAGONFORCEは、BABYMETALが100%やりきれるよう、あのショーのためにやれるだけのことは尽くした。両方のバンドの評判がかかっていたからね。非常にリスクの高い状況だったが、それだけの甲斐があったんだ。それにものすごく楽しかったよ」

Newswire:メタル・シーンの多くのアーティストがBABYMETALを支持してきた。DRAGONFORCEに始まり、JUDAS PRIEST、METALLICA、ロブ・ゾンビといった具合に。だが、BABYMETALが「メタルじゃない」としてヘイトしている連中もいる。メタル・ハマーのようなサイトがBABYMETALについて情報を公開するたびに、どれだけ自分たちがBABYMETALを愛しているか、あるいは憎んでいるかについて完全に口論になるんだ。このBABYMETALに対する愛情やヘイトについてどう思う?

ハーマン・リ:何かオリジナルなものを持って出てきたバンドは愛され、ヘイトされるものなんだ。彼女たちはメンタルが強いんだと思うよ。そのことに対して信じられないほどうまくやっているからね。

Newswire:DRAGONFORCEのアルバムとツアーに話を進める前に、神バンドについてはどう思う? 大村孝佳のように一部は知っているわけだけど、神バンドについてのアイデアを教えてくれるかな? RED HOT CHILI PEPPERSがBABYMETALと一緒に演奏したのは見た? 女の子たちとステージでは演奏しているけど、神バンドとはまだだ。いつか神バンドと一緒に"Road of Resistance"を演奏してみたいと思う?

ハーマン・リ:神バンドのミュージシャンはものすごく才能のあるワールド・クラスの演奏家で、演奏しているのを見るのが本当に楽しい。それぞれが、独自のスタイルの演奏を持ち込み、一緒にとてもうまくやっている。いつか喜んで一緒に演奏してみたいね。とにかくものすごい連中だ!

Newswire:DRAGONFORCEについてだけど、新譜、"Reaching Into Infinity"が5月19日に発売になった! BABYMETALのファンにどの曲を勧める?

ハーマン・リ:BABYMETALのファンは曲の素晴らしいメロディーが大好きだと思うので、できればすべての曲を好きになってくれるといいね!(笑) 新しいビデオ、"Ashes of the Dawn"から始めるといいだろう。これはものすごいプロダクションになってる。

Newswire:DRAGONFORCEと日本の関係はとても素晴らしく、君たちは6月に日本に行くわけだけれど、日本でのショーについて、DRAGONFORCEが用意していることについて、放せることはある?

ハーマン・リ:俺たちはいつもずっと、日本の熱心なファンの為に特に努力をしてきた。BABYMETALと同じくらいDRAGONFORCEが大好きな多くのファンに会ってきたし、中にはBABYMETALを通じて俺たちを見つけたものもいる。6月のショーではもちろんそういった連中のために特別な何かを用意するよ。

Newswire:"Reaching Into Infinity"のリリース、そして日本でのショーが待ちきれない! どうもありがとう。BABYMETALのコミュニティーに変わって、BABYMETALに対する親切とサポートに感謝します。

ハーマン・リ:俺たちは、BABYMETALのコミュニティーから多くの愛情をもらっている。サポートをありがとう。BABYMETALの歴史の一部であることをうれしく思うし、いつもサポートしているよ。本当にすごい子たちだ。冷蔵庫の扉には女の子たちからのバースデーカードが貼ってあるんだよ!

DRAGONFORCEの"Reacing Into Infinity"はCD JAPANから。

フレデリク・ルクラークのインタビューはこちらをクリック。

▼元記事
Newswire Interview with BABYMETAL's friend Herman Li of DragonForce!





[Babymetal Fan Club] ハーマン・リがBABYMETALとスゥメタルの英語について面白いことを話してる

ハーマン・リがBABYMETALとスゥメタルの英語について面白いことを話してる

ヨハン・デス(2017年5月21日)






ハーマン・リが、DRAGONFORCEの新譜、「Reaching Into Infinity」について、中国のメディア・サイト、樂活道のインタビューを受けた。リは、BABYMETALについてのものを含む、ファンからの質問にいくつか答えており、ダウンロード・フェスティバルでの2015年6月12日のコラボについて、面白いことを話している。

「俺たちが最初にコラボを始めた時、BABYMETALは英語のしゃべり方を知らなかったんだ。だから、俺たちは指さしたり、ジェスチャーしたりして、それから(俺たちのために)誰かが通訳してくれた。俺は彼女……スゥは(今では)通訳よりもうまい英語を話すと思う。だからとてもおかしいよな、最初に演奏したダウンロード・フェスティバルについて話し合うことができる。これはリハーサルすらしなかったステージで、"ギミチョコ!!"をやったんだ。問題があってね、どこから来ているのか分からない不思議なサウンドがあったんだ俺たちはとにかく(おかしな表情をする)、全員がこう言う感じだったんだ。当時、スゥは英語の話A:kたを知らなかったし、彼女たちの英語がよくなかった……流ちょうではなかったので、コミュニケーションを取れなかった。今だから笑ったり、ジョークにできるけどね。「前回、サウンドがとても悪かったのを覚えてるか? 演奏する前に、何千人の前で、リハーサルをせずに演奏していいものか分からなかった。本当にリスキーだったんだ!」 今はどういう風にコンサートをやり遂げたかなんて、もう笑い話だけどね」

(英訳:QueenSatsuki訳)

インタビューはこちらから(BABYMETALは4:00から)

[ハーマン・リのインタビューへのリンク]

▼元記事
Herman Li talked something funny about BABYMETAL and SU-METAL’s English




2017年5月21日日曜日

[hai] SLIPKNOTのボーカリスト、コリィ・テイラーは自殺しかかっていた

SLIPKNOTのボーカリスト、コリィ・テイラーは自殺しかかっていた

ジュマット(2017年5月19日)

[インドネシア語からの重訳です]






アイオワ出身のメタル・バンド、SLIPKNOTのボーカリストでフロントマンのコリィ・テイラーは、他のメタル・ミュージシャンの憧れるロック・ミュージシャンである。

長らくメタル・ミュージック業界に留まっているだけでなく、多くの人々に届く意見を語ってきた。

さらに、そのスタイルは非常にエキセントリックだ。不気味なマスクを着けたり、墓場から出てきたようなメーキャップをしたり。

だが明らかに、コリィは人生で悪い体験もしている。そう、彼はほとんど自分の人生にピリオドを打とうとしていたのだ!

「俺の子供時代はとても難しく、暴力が側にあり、まったく誰からも守ってもらえなかった」とコリィはセラピストのイベントで語っている。

たぶん、だからこそ彼はずっと前に自殺したいと思ったのだろう。また自分の人生に起こったことについて反発も感じている。

▼元記事
Vokalis SlipKnot, Corey Taylor, Hampir Pernah Bunuh Diri!




2017年5月20日土曜日

[独自記事] "From Dusk Till Dawn"について

"From Dusk Till Dawn"について






BABYMETALの歌詞は、非常に分かりやすくストレートなものが多いが、"The One"や"META メタ太郎"も含め、英詞の部分については、必ずしもネイティブが書いた英語とは思えない部分もあり、その意味で、非常に感覚的、あるいは音の響き(あくまで日本人のではあるが)に基づいているものであるように思える。

"Fron Dusk Till Dawn"は、曲調自体もある意味アンビエント的であり、よって歌詞の内容も"イジメ、ダメ、ゼッタイ"や"ヘドバンギャー"のようなメッセージ性がストレートに伝わってくるものではない。冒頭、"Something's got to go"で始まるが、これは"in the air"とつながっており、たとえば「Grudge during the life and happiness after death. That's all and let me go in the air riding on a black cloud.」の訳文として、「生きての恨み死してのよろこび、これまでとて、黒雲に打ち乗って虚空にあがらせたまえり」といった用例がネットでも見つかる。この場合、主語がsomethingとなっているため、「虚空へと上がらなければならないものがある」くらいの意味だろうか。

次の行は"Pray your way in the air"となっており、用例としては宗教的なものが多いようだ。従って、ここでも虚空(空でも良い)がキーワードになっており、「虚空に祈りを馳せよ」くらいの意味になっている。次が「It got better」なのだが、唐突に過去形になるわけで、「より良くなった」のは何かがよく分からない。「Don't start slow, then」は(良くなったから)「ゆっくり始めるんじゃない」ということになっているが、どうも論理が続かない。そこに「何かが虚空へ上がらなければならない」がまた繰り返しで出てくる。

「Dream Sing...Climate the weather」、これはカンマがないけれども、それぞれが単語の羅列になっているのだろう。「夢見よ」、「歌え」、「気候」、「天気」と続き、「熱い」、「より寒い」と展開する。この温度に関する連想から「and warm memories」=「暖かい>心温まる思い出」という発想になっているようだ。「Get off my face」は、「get out of my face」と同じ意味で使われていると思われる。「どこかへ行け!」なので、思い出を拒んでいることになる。次の"more day after day"は、何に対してmoreなのかが良く分からないが、あるいは「暖かい思い出」が日を追うごとに増しているのだろうか? 「reaching to fate」は「運命へと届く」というのだが、続くのは「so instincts so faint」で、前のsoは接続副詞にしか読めず(instinctsは名詞)、あるいは「so instinctive」、「あまりに本能的」という意味か。「so faint」は「あまりに弱い」とか「あまりにか細い」ということになるのだろう。続いて今度は未来形となり「私は夢から目覚めるだろう」と続く。「to keep and relive」には目的語がないが、夢を保ち、また体験するということか。次の行は「人生は夢」としているが、「夢は終わるけど」(「while it's over」)、「dream's on a break」なので「夢は休んでいる(休憩中)となる。「Never ever」は「もう二度とない」というのはもう夢見ることはないということなのだろう。最後は「虚空で」となる。

こうして一行ずつ見てみると、基本的には連想ゲーム的な言葉遊びということで良いのではないかと思えるのだが、聴き手により印象は変わるだろうとも思う。

出典:Babymetal: From Dusk Till Dawn






2017年5月17日水曜日

[102.1 The Edge] 見よ: Kポップを受け入れがたい? ロブ・ゾンビと仲良くするんだ

見よ: Kポップを受け入れがたい? ロブ・ゾンビと仲良くするんだ

フィアレス・フレッド(2017年5月16日)






ロブ・ゾンビがKポップのファンだと考えた奴がいるだろうか? ゾンビ氏が、ショーのバックステージで、自分と「Baby Metal」の三人のシンガーの写真をポストした。Baby Metalを良く知らなければ、彼女たちは一種のメタル・バンドだが、ボーカルとリード・シンガーについては、Kポップ寄りなのだ。明らかに、ロブ・ゾンビのファンの一部は、Baby Metalがどういう種類のバンドか知らないので、ロブ・ゾンビが連中の何人かがつけあがらないよう、フェイスブックに頼ったのだ。


[ロブ・ゾンビのツイート]

見せてやれ、ロブ!

GIPHYより

▼元記事
LOOK: Got Problems With K-Pop? Take It Up With Rob Zombie





[ultimate guitar.com] コリィ・テイラー:俺はどのようにしてBABYMETALのファンになったのか(最初は好きじゃなかった)

コリィ・テイラー:俺はどのようにしてBABYMETALのファンになったのか(最初は好きじゃなかった)

ジョマタミ(2017年5月15日)






[聞き取りって難しいですね]

SLIPKNOTのフロントマン、コリィ・テイラーが、X Rockに対してどうして自分がBABYMETALのファンになったのかを説明した。(聞き取り:UG)

「こういうことだよ。たぶん俺たちが育ったのとは違った育ち方をしたファンを通じて彼女たちを見つける必要があるからなんだ。言ってることは分かるかな?」

「俺がファンになったのは、息子がこのグループが大好きだったからだ。俺も最初はピンとこなかったよ」

「それから息子がBABYMETALに反応するのを見ていてね、シカゴ・オープン・エアでSLIPKNOTが演奏した時に、BABYMETALも演奏していた。その時に息子も一緒だった。そして彼はこれ以上ないくらいのファンになったんだ。そんな息子は見たことがなかった」

「息子が本当に夢中になっていたのでBABYMETALに会うことができたし、ステージ脇からで彼女たちの演奏も見て、それで俺の彼女たちに対する見方がまったく変わったんだ」

「BABYMETALは楽しいんだよ! 見るのが楽しいんだ。リフはクールだし、それは見るようなもので……変な話だが、俺たちが12歳のときに俺たちははじめてKISSを見ることができたんだ。メーキャップをしててね。'70年代とか'80年代の話だ」

「同じものではないんだが、同等のものなんだ。イマジネーションをとらえるという意味でね。俺たちのようにいろいろなジャーナリズムやら音楽やらでスポイルされて育っていない人物にとっては。いろいろな違ったジャンルや音楽やらでね」

「とにかく純真なんだ。それしか言えない」

▼元記事
Corey Taylor: How I Became a Fan of Babymetal (Didn't Like Them at First)





[Twitter] oliviaのツイート

oliviaのツイート

2017年3月29日

[olivia‏ @nozoelicchiさんが以前、ロブ・ゾンビがBABYMETALとの写真をアップした際に、ヘイターから攻撃され、これに逆襲した時の話が再燃したスレのようです]






olivia‏ @nozoelicchi
ロブ・ゾンビがBABYMETALのヘイターをはねつけたのって私の美学だわ

olivia @nozoelicchiさん 5月15日
自分が有名になっちゃったって信じられない

berry well then‏ @TeamPfle 5月15日
あんたの最初のファンを思い出すんだ

olivia‏ @nozoelicchi 5月15日
誰?

berry well then‏ @TeamPfle 5月15日
君のヘイターの一人だよ

olivia‏ @nozoelicchi 21 時間21 時間前
:(

Kaptain Kobold‏ @KaptainKobold 5月15日
BABYMETALはとてもいいと思った。どれだけ十分「メタル」じゃないという理由でどれだけの人間が彼女たちをヘイトしているか知って、さらに好きになったよ。

Metroplexual‏ @Drachensturm711 5月15日
俺は25年メタルヘッドをやってるけど、この世にいるどのバンドとも同じくらいメタルだぜ、それ以上とは言わないが。デビュー・アルバムの最後の曲は信じられない

\m/Lee-Metal\m/‏ @RockNeverDies88 5月15日
100%正確だ

gil‏ @BahaMan69 5月15日
待ってくれ、知りたいんだ。どの曲?

Metroplexual‏ @Drachensturm711 5月15日
https://youtu.be/nDqaTXqCN-Q  これだ! ["イジメ、ダメ、ゼッタイ"へのリンク]

Pete BIckmore‏ @PeteBIckmore1 23 時間23 時間前
https://youtu.be/TZRvO0S-TLU  これは本当にすごい曲だ! ["The One"へのリンク]

Pinkwafer‏ @StrawbeddyJam 5月15日
彼女たちはアジア人で、女の子だから、明らかにJポップ以外の何物でもない(爆

Pinkwafer‏ @StrawbeddyJam 5月15日
彼女たちの音楽をそんなに聴くな、でもヘイターはどうでもいい。なぜ人の成功にそんなにぶつくさ言うためにエネルギーを無駄にするのかね

kika‏ @QueenKika 5月15日
俺もそうだが、ビデオは本当に楽しいぞ

Pinkwafer‏ @StrawbeddyJam 5月15日
正直、俺たちは彼女たちのビデオをみたところだ。彼女たちの美学やビジュアルのテーマを評価するためにね。とても良く撮れてる!

kika‏ @QueenKika 5月15日
まったく! でもメタルが好きだったら、彼女たちを聴くけどね

Pinkwafer‏ @StrawbeddyJam 5月15日
同じだ。彼女たちのソフトなボーカルはメタルをさらに楽しめるものにしてくれるけどね

kika‏ @QueenKika 5月15日
おれは重厚なメタルと彼女たちの女学生ボーカルの対比が好きなんだ!へんだけどうまく行ってる。

Paul Wentworth‏認証済みアカウント @paultwentworth 5月15日
@iamnibblypig 同意

CNL‏ @crazyjerseylady 5月15日
俺はメタル・ファンじゃないが、自分たちの後の世代の為に立ち上がる連中は尊敬している。彼のために良い

Stefan‏ @bunty 5月15日
ロブ・ハルフォードも見てくれ:
[APMAsへのリンク]

Freaky Ghost Bed‏ @TheSpookiest 5月15日
ロブ・ハルフォードが何かがメタルと考えて、君がそう思わないなら、問題は自分の中にあると思った方がいい

Dave Knowles‏ @_DaveKnowles 5月15日
輝かしい。素晴らしいぜ、ロブ・ゾンビ。メタルに「俺のメタルじゃない」場所はない :D

Joker Lokison‏ @Vikingfist 5月15日
むーむ……実際のメタラーとして、俺はまったく反対だ。つまらない。弱い。流行り物だ。メタルには既に流行り物のラジオでかかるクズが多すぎる

Dave Knowles‏ @_DaveKnowles 5月15日
「実際のメタラー」? 何であれ、来てはみたんだ。パーティーに歓迎するぜ

Joker Lokison‏ @Vikingfist 5月15日
ああ。実際のメタラーだ……パーティ? けっ。それがお前の考えるメタルの間違っているところだ。LIMP BISQUICKとかKRAPとか5FINGERBUTTPUNCHを楽しめよ。

Matt @ DDNet‏ @DigitallyDownld 5月15日
メタルヘッドがエリート主義者になるといいよな。自分たちの音楽が何か特別で、啓蒙されたみたいになるんだ、好きだからと言う理由でね。実に賢い。

\m/Lee-Metal\m/‏ @RockNeverDies88 5月15日
でも、でも……彼は本当にクールだ。この口の中にタバコが入ってるっていうポーズだな。つまりものすごい反抗者なんだ。彼は「芯のメタル」を知っているんだ。教えてくれよ、メタル・グール。

StoneCold Steve Anus‏ @EvilKeaton 22 時間22 時間前
俺のお気に入りは、サングラスを掛けて自分の写真を撮るために携帯を持っているのが映ってるやつだな。

Joker Lokison‏ @Vikingfist 21 時間21 時間前
俺の写真をそんなに良く見たのか? ハハ! 気付かなかったぜ! これは愛だな、ハハ!

Fledgeling Feminist‏ @fledgelingfem 5月15日
「連中は、君よりもハードにロールするよ、コディ」

Serenity Dee‏ @sapphixy 5月15日
これはずっと、この世で起こったことで一番気に入っていることの一つだ

The Incredible Torch‏ @incredibletorch 5月15日
連中をやっつけるんだ、ロブ

Dark Souls...cialsm‏ @bombsfall 5月15日
BABYMETALが本当に好きではないけど、ロブはここでは極めて正しい

Dark Souls...cialsm‏ @bombsfall 5月15日
ロブが真実だ

\m/Lee-Metal\m/‏ @RockNeverDies88 5月15日
ここで中年のいわゆる「大人」が3人の子供たちをヘイトしているというひどく子供っぽい点を賞賛してやらないか? 病んでるわ 😂

permabsence‏ @permabsence 5月15日
ヘイターをヘイトすることでフォースのバランスが取れるんだ

Dan S.‏ @DanielDSnyder 5月15日
うーん、君がやっつけたいと思うんだら、それでは良いメタルにならないよね

Marco‏ @AikidoMarcoFord 5月15日
ロブ・ゾンビが好きだね。あの小さな日本人の女の子たちを見たけど、彼女たちは本当にロックするぜ! RAMONES TRIBUTE BANDでも演奏するべきだ #ShonenKnife

Bae's Woke Berserkir‏ @barefootboomer 5月15日
この話のモラル:ロブ・ゾンビとBABYMETALをやっつけにきて、ひどく返り討ちにあった

Katya Coldheart
ロブ・ゾンビが好きになった

Leah (LoveLeah)‏ @xLoveLeahx 5月15日
うん。あまりにひどい性差別だから、ロブや良くやった!

Katya Coldheart
自分で育てて、人に優しい、次は何かしら

Novu‏ @The_Novu 5月15日
こういう「メタル・ファン」には耐えられない

Alicia #SheWolf‏ @HistGeekGirl 5月15日
BABYMETALはすごい……そしてロブ・ゾンビさんもそう

👌‏ @DandereGod 5月15日
しばらく前にこれを見たな。彼は俺の意見では伝説だ

T2,000,000‏ @T2000000000 5月15日
ロブ・ゾンビは、有名なスケートパークの敵で、ジョック・ポップの御用商人だ

🎺‏ @PainfulBinder 5月15日
一番おかしいのはロブが連中のバロメーターだということだな

General Zaos Chicken‏ @ShingamiZao 5月15日
「連中はお前らよりもっとハードにロールするぜ」、ああ何てこった!

Roy's musings‏ @roytheed36 5月15日
メタルは誰が演奏しようがメタルだ。演奏する連中はすべて尊敬する

DojoMatCat‏ @DaikanyamaGuy 18 時間18 時間前
彼は自分のファン・ベースに耳を傾けるべきだと思うけどね

Bloody Brian‏ @briandotjp 18 時間18 時間前
きわどい立場だな、お上りさん

DojoMatCat‏ @DaikanyamaGuy 18 時間18 時間前
BABYMETALが彼が誰なのかを知っていて、WHITE ZOMBIEの曲を挙げることができたらびっくりだ

Bloody Brian‏ @briandotjp 18 時間18 時間前
そんなに気にしないね 👀 どちらかをヘイトして俺に得るものがあるか?

DojoMatCat‏ @DaikanyamaGuy 18 時間18 時間前
どちらもヘイトしないね。炎上を楽しんでいるだけだ

Bloody Brian‏ @briandotjp 18 時間18 時間前
くだらないポストは芸術だな👌👌

DojoMatCat‏ @DaikanyamaGuy 18 時間18 時間前
芸術でもあり、科学でもある

Jason Sizemore‏ @apexjason 5月15日
本当の悲劇はロブ・ゾンビが使ってるフォントだな

vex addict‏ @valrus 5月15日
あのフォントはお前よりもっとハードにロールするぜ

Jason Sizemore‏ @apexjason 5月15日
間違いない。少なくともそのフォントはロブ・ゾンビと関係してる

BJ Bethel‏ @BJBethelTweets 5月15日
俺は彼女たちに配慮するな。彼女たちはここ20年でレイト・ナイト・テレビで見た最後のメタルなんだ

Andy Miller‏ @DIYCthulhu 22 時間22 時間前
レイト・ナイトTVまで夜更かししてないが、GHOSTはコルベールのショーに出てたな。連中もチェックに値する。

🎮‏ @TheGamingGround 5月15日
ロブ・ゾンビはボスだ。なんで人々がそんなにBABYMETALにきついかわからない。メタルゴッド自身(ロブ・ハルフォード)でさえ気に入っているのに

El Bome‏ @elbormes 17 時間17 時間前
ヘイトについてはKISSが悪いと思うね、ははははははは!

🎮‏ @TheGamingGround 13 時間13 時間前
KISSが何をやらかしたって?  :P

El Bome‏ @elbormes 12 時間12 時間前
数年前、KISSはJポップのグループと共演したんだが、それはあまり興味をかき立てなかったのかな

🎮‏ @TheGamingGround 11 時間11 時間前
あれはとてもよかったと俺は思うよ

El Bome‏ @elbormes 11 時間11 時間前
クレイジーだし、あれがBABYMETALみたいなバンドに対する関心に火を付けたんだと思う。ところで、あの子たちは出世してるな

CloakingDonkey‏ @CloakingDonkey 9 時間9 時間前
音楽産業にバックアップされてるポップ・スターが、他の音楽産業に基づくポップ・スターが「好き」だって? そうじゃないと言ってくれ!

El Bome‏ @elbormes 9 時間9 時間前
要は、なぜ彼女たちを選んだかだ。アーティストのファンの間ではとてもリスキーだ。日本国外のJポップではあまりないことだ。

Michał Orzechowski‏ @Orzislaw 5月15日
だからこそ、俺はメタルが好きだが、自分をメタルヘッドとは呼ばないんだ。このサブカルチャーは本当に心が狭くて、違ったものに対して辛辣過ぎるんだよ。

Astromarine‏ @Astromarine 5月15日
うーむ、俺は今BABYMETALを聴いてるんだが、何て凝った、いい!  :D

the piss man‏ @vileviIlage 5月14日
BABYMETALはすごいよ。連中は辛辣なだけだ

random‏ @randomhuman 5月15日
たぶん、若かった頃はああいう連中の一人だったな :P いやになるな。人が好きなものを楽しませればいいだけだ

BearJojo‏ @austin97mc 12 時間12 時間前
間違った意見禁止

🍄🍁Nut Case🍁🍄‏ @nutcaseart 5月15日
俺はロブ・ゾンビの音楽のそんなにファンじゃないが、クール・ガイとしての彼のファンだ。

Matt‏ @mjm8686 5月15日
83年にIRON MAIDENを見つけてから、BABYMETALほど夢中になったグループはいないね。

Cory Wells‏ @kidcory 5月15日
これだけで、彼をフォローするね

Road Punchin' Animal‏ @animalofonline 5月15日
いまはロブが好きだ

Nick‏ @Buzzkiller93 15 時間15 時間前
ロブは何が起こってるかを知ってる

Cam B.‏ @Camerwinning 15 時間15 時間前
君みたいにね :^)

Nick‏ @Buzzkiller93 15 時間15 時間前

8^)

Charlie‏ @Charlie_arts 21 時間21 時間前
「誇り高き」メタルヘッドはマジに受け取れないな。フェードラのレディット・ファンーベースが無神論を扱っている風に扱ってる

WolfNW‏ @WolfNW 5月15日
BABYMETALをライブで観たよ。これまで行った中で一番ラウドでハードなコンサートの一つだった。RZにいいね!

TJ R‏ @GrimRiver 5月15日
連中が辛辣なのは、小さなアジア人の女の子たちが、連中よりももっと働いているからだよ(藁

Wintery Skyes‏ @ReydiantSkyes 5月15日
「メタル」ファンと思われてる連中が、ベビーみたいにふるまってるな

Nekomomogatari‏ @fleskjerte3 5月15日
BABYMETALは好きじゃないけど、ああいうことは言わないね。ロブはいい

eazyliving‏ @eazyliving 5月15日
そうだな、俺は気むずかしいがんこじじいだ。BABYMETALのことは聴いたことが名kったが、今は素晴らしいと思ってるぜ :)

Carson‏ @screamingturnip 5月15日
メタルはヘア・メタルと対処しなければ行けないんだ。BABYMETALは全然当惑するようなメタルじゃない

Simon Brady‏ @sibrady 5月15日
幸いなことに、BABYMETALは最高のメタルだ。いずれにせよ彼には似合った台詞だ

TOMMYDACOMMIE‏ @TomAtkinsonFilm 23 時間23 時間前
数週間前にRED HOT CHILI PEPPERSと一緒に見たよ。連中が、彼女たちみたいなエネルギーで巨大なアリーナでライブを演奏できるか見てみたいもんだ

TOMMYDACOMMIE‏ @TomAtkinsonFilm 23 時間23 時間前
彼女たちはすごかったよ! 楽しくて本当にエネルギッシュだ。「メタル・ファン」なんでくそくらえだ!

[続く]

▼元記事
twitter





[Hai] SLIPKNOTのヴォーカルが、BABYMETALのファンだと判明

SLIPKNOTのヴォーカルが、BABYMETALのファンだと判明

アルビン・バハール(2017年5月16日)

[インドネシア語からの重訳です]






SLIPKNOTを知ってるか? 知らないなら、このバンドはいつも恐ろしいマスクを被って演奏するが、音楽はとてもロックしてるんだ。

でもまさか、このバンドのボーカリストがBABYMETALのファンだとは思わなかったろう。

そう、ものすごいギグが大好きなコリィ・テイラーは、同じように日本からのカワイイ・メタルのトリオが大好きなんだ。

最初はファンじゃなかったとコリィは認めている。

「俺がファンになったのは、息子が好きだからなんだ」と彼はXロックに語った。

それから、コリィはシカゴ・オープン・エアでSLIPKNOTがギグをやったとき、直接BABYMETALを観るチャンスがあった。

「彼女たちは楽しいんだ。見るのが楽しいし、ギターはクールだ。変だけど、自分たちが12歳でキッスを見た時みたいな感じだ」とコリィは続けている。

つまり、ベビーボーイはBABYMETALのファンだと言うことだ!

▼元記事
Nggak Nyangka, Vokalis Slipknot Ternyata Fans Babymetal!





2017年5月15日月曜日

[issuu] 音楽:BABYMETAL

音楽:BABYMETAL

BABYMETALは日本のメタル・アイドル・バンドだ。そのラインナップは、18歳の「スゥメタル」こと中元すず香、17歳の「ユイメタル」こと水野由結、そして17歳の「モアメタル」こと菊地最愛である。グループのコンセプトは、ヘビー・メタルと日本のアイドルというジャンルを融合することにある。






三人の十代の女の子たちとそのバンドは、アミューズ・タレント事務所がマネージメントしている。そのボーカルを支えているのは、神バンドが演奏するヘビー・メタルの楽器編成である。BABYMETALは同名のデビュー・アルバムを2014年2月にリリースした。セカンド・アルバム、「Metal Resistance」は全世界で2016年4月1日にリリースされた。

2010-2012:始まり

このグループは、2010年に、「メタルとアイドルの融合」を目指して女性アイドル・グループ、さくら学院のサブユニットとして結成された。バンド結成まで、三人のメンバーは誰もメタル音楽のことを知らなかった。

BABYMETALの最初のライブは、2010年11月28日、さくら学院初の単独コンサートでのことだった。最初の曲、"ド・キ・ド・キ☆モーニング"は、2011年4月にリリースされた。バンドは、この曲の音楽ビデオを撮影し、2011年10月にDVDシングルとしてリリースした。同月にYouTubeにアップロードされ、2012年末までには、このビデオは100万ビューを突破した。2011年7月、BABYMETALは"イジメ、ダメ、ゼッタイ"をさくら学院のコンサートで初披露したが、当時はライブ・コンサートで演奏されるだけだった。最初の音楽ビデオ、"ド・キ・ド・キ☆モーニング"は2011年10月12日にYouTubeで公開された。

BABYMETALの最初のCDシングルは、「Babymetal x Kiba of Akiba」と名付けられ、Kiba of Akibaというバンドとの共作となった。2012年3月にトイズ・ファクトリーのサブレーベルからリリースされたこのシングルは、オリコン・ウィークリー・インディーズ・チャートで3位にランクされ、タワー・レコード渋谷のウィークリー・インディー・ランキングで一位になった。2012年6月、BABYMETALは"ヘドバンギャー!!"と名付けられたシングルをリリースする。2012年8月、BABYMETALは日本のサマーソニック・フェスティバルに出演を果たす。平均年齢は12歳で、このフェスで演奏した最も若いバンドとなった。2012年にはまた、BABYMETALの初の海外アジア・ツアーが、AFA2012シンガポールで行われた。

2013-2015:メジャー・レーベル・デビュー

2013年1月に、バンドは"イジメ、ダメ、ゼッタイ"でメジャー・レコード・レーベルからデビューを飾る。このシングルは第一週に19,000枚売れ、オリコン・ウィークリー・シングル・チャートで6位にチャートインした。2013年春、中元が中学を卒業し、従ってさくら学院(小中学生の女子のグループ)から「卒業」しなければならなかった。だが、マネージメントはBABYMETALを解散せず、バンドとしての活動を続けることを決めた。グループは次のシングル、"メギツネ"を6月19日にリリースした。

2013年8月、BABYMETALは再びサマーソニック・フェスティバルに参加した。後の2013年10月に、BABYMETALはまたヘビー・メタル音楽フェスティバルであるラウド・パークで演奏した最年少バンドとなった。そして2013年末には、2012年の初の海外アジア・ツアーに続いて、BABYMETALはインドネシアのAFAIDと二度目のシンガポールで別のアジア・ツアーを行った。

2014年2月26日、BABYMETALは初のバンド名を冠したアルバムをリリースした。13曲入りである。アルバムは一般から広く受け入れられ、日本では第一週に37,000枚を売上、ビルボード・ジャパンで第2位にチャートインした。またドイツ、英国、そして米国のiTunesメタル・チャートの第一位となり、3月には米国ビルボード200チャートで187位に達した。このチャートに入った日本人アーティストは数少ない。2014年3月1日および20日、BABYMETALは武道館で二公演を行った。平均年齢は14.7歳で、この会場でショーを行った最年少女性バンドとなった。2014年4月、"ド・キ・ド・キ☆モーニング"、"いいね!"、そして"ギミチョコ!!"の音楽ビデオについて、ショックを受けたYouTuberによるリアクション・ビデオが、YouTubeのファイン・ブラザーズ・チャンネルから公開された。2016年4月30日、このリアクションに対するBABYMETALのリアクション・ビデオがYouTubeに公開された。

2014年に、BABYMETALはパリ、それに英国のソニスフィア・フェスティバルで演奏した。8月9日は、METALLICAやSLAYERと共にヘビー・モントリオール2014で演奏し、さらにAVENGED SEVENFOLDやMEGADETHのようなバンドと共に、日本のサマーソニック2014で公演を行った。BABYMETALはまた、8月に米国西部のレディー・ガガのコンサート5公演の前座を務めた。

2014年8月に、BABYMETALが11月8日にロンドンのO2でコンサートを行うために英国に戻ってくると発表された。後に、バンドはニューヨークシティにも戻り、ハマースタイン・ボールルームで演奏することも発表された。9月に、バンドは「Legend 1999 & 1997 Apocalypse」と名付けられた2枚目のライブ・アルバムを10月19日にリリースすると発表した。

O2公演で、バンドは"Road of Resistance"と名付けられた新曲を披露した。これは後にDRAGONFORCEとの共作であると明かされた。DRAGONFORCEのギタリスト、リとトットマンをフィーチャーしたこの曲は、2015年1月の「Live at Budokan」アルバムのボーナス・トラックとしてリリースされた。リは後に、ツイッターとフェイスブックのポストで、吏とトットマンは、この曲のギター・パートに2013年から取り組んできたと明かした。このジョイント・リリースからまもなく、この曲はiTunesストアでシングルとしてリリースされた。

2015年4月、バンドは、バンド名を冠したデビュー・アルバムの再発を発表した。6月のメタル・ハマー・ゴールデン・ゴッズ・アワードに先立ち、このトリオはダウンロード・フェスティバルのDRAGONFORCEのセットでサプライズ出演を行い、"ギミチョコ!!"を演奏した。

2016-現在:ツアー

2015年12月のバンドの横浜における二公演の間に、2016年4月1日にセカンド・スタジオ・アルバムをリリースし、ロンドンのウェンブリー・アリーナで新たなワールド・ツアーを開始すると発表した。2016年1月15日、セカンド・アルバムのタイトルが「Metal Resistance」になると明かされた。4月2日、「Metal Resistance」リリースの翌日に、BABYMETALはウェンブリー・アリーナでヘッドライナーを務めた初めての日本のバンドとなり、会場の歴史上、単独日のイベントにおけるマーチャンダイズの売上の記録を打ち立て、日本のアーティストとしてUKチャートに入ったアルバムで最高位を記録した。ガーディアン紙は、ウェンブリー公演に五つ星の五つの評価を与えた。

BABYMETALは、2016年のWii Uビデオゲームの「スーパー・マリオ・メイカー」にキャラクタースキンとして追加されている。

7月27日に、メタル・ハマーの読者が、BABYMETALのアルバムを21世紀のベスト・アルバムに投票した。2016年12月に、BABYMETALはRED HOT CHILI PEPPERSの「The Getaway」ワールド・ツアーの英国公演の前座を務める。

2016年に、ワーナー・ブラザースが、バンドのメンバーをフィーチャーした、ハイブリッド実写とアニメーションのハイブリッド短編シリーズを制作中であると発表した。このシリーズは、アミューズUSAとの協力の下、ブルー・リボン・コンテントが制作し、バンドのクリエイターでプロデューサーである小林啓もプロデューサーとして関わっている。

大衆のイメージ

バンドのエグゼクティブ・プロデューサーである小林(コバメタル)啓によれば、BABYMETALは新しいタイプのメタルというアイデアのもとで結成され、バンドのメンバーは、フォックス・ゴッドから「聖なるメッセージ」を受け取っているという。ただし、中元はメッセージはまず小林に届けられるので、自分たちが受け取るメッセージは間接的であると説明している。小林は、このアイデアを受け入れるか拒否するかは人々が決めることだとしている。さらに、バンドが「メタル」あるいは「ポップ」アーティストであるという概念を拒絶しており、「オンリーワンのBABYMETAL」を好んでいる。菊地は、バンドが演奏し、その音楽を世界中に広めることであるとされているフォックス・ゴッドによって選ばれた運命なので、三人のメンバーは、バンドに加わることを決めたわけではないと述べている。

バンドは大衆から様々な受け取り方をされている。一部の批評家は、バンドが「クリエイティブ」であり、メタルジャンルで「掟破り」であると評価しているが、他の物はバンドが「目新しさのグループ」であり、「馬鹿げたバランスを取っているバンド」だとしている。バンドのポップを取り入れた音楽は「メタル」ではないと考えている人々についてどう思うかとたずねられた中元は、そのような主張を認め、そのような責めを讃えており、メタルの純粋主義者が、メタルはこうあるべきというメタルについての自身の好みを持つことができると保証しており、バンドの進化についてこのことを考慮に入れているとしている。さらにバンドのメンバーは、自分達に正直であり、自分たちがやっていることを楽しむことを大切にしており、中元にとってはそれで自分たちには十分だとしている。

水野によれば、全体として「The One」と呼ばれるファンベースは、幅広い年齢の人々が混ざっているという。メタルおよびポップのファンを認め、彼女は、メタルヘッドらしい「メタルヘッズ」や自分たちのように着飾り、コスプレをしているポップファンについて述べている。水野は、あらゆる異なった種類の人々に届きたいと望んでいる。ファンや若い女性のロール・モデルとなっていることについてきかれると、水野はこれが名誉だと考えているとした。さらに、若者、特にBABYMETALを経由してメタルのジャンルに分岐していくより若い音楽ファンに届くことが大切だと強調し、バンドに加わる前は自分自身もメタルの経験がなかったと述べている。

▼元記事
MUSIC: BABYMETAL




[Reddit] 神関係:レアな写真を見たと思う(はじめてこれを見た)

神関係:レアな写真を見たと思う(はじめてこれを見た)

(2017年5月24日)






Babymetal0172[S]
コバがフォックス・ゴッドとメッセージのやりとりしてる(爆)

AJH-METAL
コバには休息などない。疲れ知らずでカメラを光らせて、最高のぼけとぼやけをやり遂げるために! 感服しました!

sodronez
ソックスがメタル過ぎる!

BlueMetalDragon
彼は時々休んでもいいよ。ステージをモップでみがくのは大変な仕事だ! :-)

HTWingNut
フォックス・ゴッドに身を捧げる準備をしているんだ。ソックスのせいで拒否されたけどな……

AJH-METAL
ソックスの評価には同意だ。フォックス・ゴッドがいまだにコバを好意的に見ていることは、フォックス・ゴッドが慈悲に満ちた神であることの証明だ。

MoaSuuYui
コバと彼の愛するVGA携帯電話(爆)

Andy-Metal
コバは完璧な緑の草を背景にしたセルフィーを撮影しようとしているだけだぜ

AJH-METAL
なんで? コバのいつもの標準的なカメラの解像度なら、緑のベッドシートの上に横たわるのと同じ結果が得られるぜ :D

Andy-Metal
爆! 真実爆弾だな!

ShadeSlayr
?
これがコバ?

Captain_Username
目をそらすんだ、この写真を見ると¥2000かかるぞ

TheThrawn
うい。
ブツが彼の秘密を漏らしているぜ!

Babymetal0172[S]
OTFGK

DiegoAlonso
ああいう風に携帯を持っていて、顔に落としたことは数知れず(爆)

E-METAL
OK、明らかにコバをカットアウトして何枚かの写真に加工する必要があるな?
u/futonsrf ? ふさわしいカバーはあるかな?

Q-METAL[🍰]
コバはレアなポケモンみたいなもんだな

RickRiko
長年に渡って録画してきたレアなバックステージのフッテージを楽しんでいるただのレアなコバだよ

LeakMetal
あの足を見てくれ、4

MoaSuuYui

四、四!

▼元記事
Kami StaffI think I saw a rare pic (1st time seeing this) (twitter.com)





[Najinsan] ALTERED SKY—なんで俺たちはああいう連中の隣にいたんだろう?

ALTERED SKY—なんで俺たちはああいう連中の隣にいたんだろう?

(2017年4月19日)






スタジアムでプレイするバンドも、不法なクラブやパブで演奏するバンドもいるが、BIFFY CLYROやPARAMOREタイプのグラスゴーから来たロック・バンド、ALTERED SKYは、ファンのホームで演奏し、「親密な会場」をばかげたレベルにまで持っていった。

今日会ったとき、ALTERED SKYは、英国ツアーの最終公演まで数時間前に、グラスゴーのブロードキャストの上階に泊まっていて、ロス(ベーシスト)が、このような変わった旅程の背後にあるロジックを説明してくれた。「休暇中の連中はリビングルームでアコースティック・セットを演奏するハウス・パーティ・ツアーをやっていて、俺たちもできると思った。ファンは、このつながりをとても喜んでくれると思う。ギグをやるよりも近いからね」 リード・シンガーでものすごくエキサイトしやすいアナが口を挟んだ。「私たちは、たくさんの人を一部屋に押し込めることを学んだの」

会場の上階のオフィスの息が詰まるような暑さの中にいた他のバンド・メンバーは、ライアン(ギター)、エイミー(ドラムス)、それにタラ(ギタリスト)だが、彼らはほとんど黙っていて、ロスとアナがほとんどの話をした。昨年、望みをかけたツイートがウィスパリング・ボブ自身に拾われた後で、バンドはボブ・ハリスのアップル・ツリー・セッションに出演することができた。アナは「彼はとにかく音楽の王様みたい」とアナは叫び、彼に会ったことが信じられないという様子を見せた。「あの声! あれがあの声の体!」

明日、グループはクライドバンク・タウン・ホールであのBIG COUNTRYの前座を務める。「実際には二度目なの」とアナはこの機会について語っている。「本当にクールなのよ! あの若者たち! いや、実際には年取った若者ね!」 ロスがすぐにアナを引き継いで「世の中で実績がある人間と一緒にいると、多くを学ぶことができるんだ。振る舞いとか、ショーのやりかたとか。彼らからは経験がにじみ出ている」

ALTERED SKYは、今やっている仕事をやめられる段階にはなく、必要があれば一週間に18時間のリハーサルをやり遂げなければならない。「他のことをしている時間が埋まっちゃう」とアナは認める。「練習スタジオは第二の家になってるわ」

バンドが働き者であることは明らかで、俺が他のビッグになりたいロック・バンドにとって最も大切だと言えることをたずねると、アナは「(自分の)楽器を徹底して理解して、最高になろうと一生懸命になること。次のレベルに上げるために、努力を最優先しないとだめ」と助言し、ロスは「4人の別の人間と一緒に演奏することは自分の演奏の仕方に大きな違いをもたらすんだ。たぶんそれがそもそも一番大切なことだと思う」

こうした努力は報われつつある。ケラング!ラジオで、バンドはIRON MAIDENやBLACK SABBATHと同じプレイリストに載った。「なんで俺たちはああいう連中の隣にいたんだろう?」とロスは笑う。まもなくバンドはアジア・ツアーに出る。アジアの音楽は俺の得意とするところなので、この界隈で知っているバンドがあるかきいてみた。「One OK Rockね」とアナが言い、一瞬の間があってからおどおどとBABYMETALを挙げた。何よりも、このことでエイミーが海竜のような沈黙からめっざめ、「おおおおおお、BABYMETAL!」と優しい声で言い、他のメンバーが笑った。

では、このような努力と6時間のリハーサル・セッション、それにファンの家で演奏することはそもそもどういうことなんだろうか? このすべてに長期的な計画があるのか? アナが話してくれた。「私はバンドが英国でだけでなく、音楽の足跡を残せたらと思ってる。できたらアメリカに渡り、セカンド・アルバムを出して、大きくなるファン・ベースを持ち、とても、とても良いサポート・ツアーをいくつかやることができれば、5年で自分たちのヘッドライナー・ツアーで世界を回るところまで行ける」と言い、顔を輝かせて「他のことをやるのが想像できないわ。やらなくちゃ!」

俺は自分が予言が得意だと思う。俺はトランプがくだらない奴だとわかるだろうと予言したし、とある日本のロック・バンドの誰に求められない出世についても予言した。だからまた予言しよう。この狂った子供たちから目を離すな。彼女たちは、君たちが思っているよりも早くリビングにやってくるだろう。

ALTERED SKYは、2017年9月20日から2017年10月18日までアジアをツアーし、セカンド・アルバムに取りかかっているところだ。

▼元記事
Altered Sky – Why Are We Next To These People?!





[TechnOtaku] RED HOT CHILI PEPPERSが神バンド(BABYMETAL)としてドレスアップ

RED HOT CHILI PEPPERSが神バンド(BABYMETAL)としてドレスアップ

ザクール(2017年5月11日)

[スペイン語からの重訳です]






今日、RED HOT CHILI PEPPERSが、インスタグラムに、BABYMETALの神バンドの衣装のような服装で写真を公開した。ポストで、RED HOT CHILI PEPPERSは「ロードに戻った。俺たちの同僚、BABYMETALがいなくてさびしい」としている。

イングランドをBABYMETALとツアーし、米国でもこれを繰り返し、既に二度も共演し、RED HOT CHILI PEPPERSはすっかりBABYMETALが大好きになったようだ。少なくとも、ほとんどのメンバーは。アンソニーはまだこういうのをやってないからね。

▼元記事
Red Hot Chili Peppers se visten como Kami Band (BABYMETAL)




2017年5月13日土曜日

[POP JAPAN] BABYMETAL:Karate

BABYMETAL:Karate






「戦うんだ 悲しくなって 立ち上がれなくなっても」

"Karate"はBABYMETALのセカンド・スタジオ・アルバム、「Metal Resistance」に収録された曲の一つだ。この曲はゆゆよっぺ、あるいはより一般にユッパーメタルとして知られている人物が書き、プロデュースした。この曲はBMD Fox Records、それにToy's Factoryから2016年2月26日にリリースされた。

この曲は、ビルボード・ワールド・デジタル・ソングス・チャートの第2位に達し、6週間チャートインした。また、ビルボード・ジャパン・ホット100の第17位にランクされ、チャートに8週間残った。この曲は、WWEのトリプルHにも認められ、最終的にNXTテイクオーバーの公式テーマソングの一つとして使用された。

▼元記事
Babymetal - Karate





[POP JAPAN] 「BABYMETALはメタル・バンドじゃない」 - CROSSFAITH

「BABYMETALはメタル・バンドじゃない」 - CROSSFAITH

シンイチロウ・モリウチ(2017年5月10日)






[インタビューへのリンク]

2011年以降、メタル・ミュージックをプロモしているウェブサイト、メタルワニの先日のインタビューで、CROSSFAITHが、バンドのベーシスト、池川寛希が、メタル・アイドル・グループ、BABYMETALについて議論を呼ぶ発言をしたことで、注目を集めている。

ビデオの7:05のところで、CROSSFAITHのヴォーカリスト、小家健太が日本のミュージック・シーンを説明するように求められた。メタルワニのスタッフが、CROSSFAITHやBABYMETALは日本のメタル・シーンを手に手を取って進んでいるという文章を口にした。バンドがスタッフが口にしたバンドを池川が確かめた後で、彼は「BABYMETALはメタル・バンドじゃない」と発言した。スタッフは窮地に立たされ、最近、BABYMETALはメタルとして「特徴付けられている」と説明した。小家はすぐに状況を明るくするために、「少なくとも、メタルの影響は受けている」と述べた。

このことはもちろんYouTubeで多くのコメントを集めている。

▼元記事
"Babymetal is not a metal band." - Crossfaith




[Blabbermouth] KORNが、ジョナサン・デイヴィスが「声帯を休める」ことができるようにPOINTFEST出演をキャンセル

KORNが、ジョナサン・デイヴィスが「声帯を休める」ことができるようにPOINTFEST出演をキャンセル

(2017年5月12日)






KORNが、以前に発表していたミズーリ州セント・ルイスにおけるポイントフェストへの5月13日の出演をキャンセルした。バンドのフェースブック・ページへのポストによれば、シンガーのジョナサン・デイヴィスが「声帯を休めるようにという医師の命令を受け、土曜に演奏できなくなった」という。

ポイントフェストのキャンセルについて説明するビデオ・メッセージで、デイヴィスは「俺の声はひどいことになった。ショーをキャンセルしなければならなかった。こういうことはたまに起こる。俺にできることは何もない。休んで、ちゃんと歌えるように声を取り戻さなければならない。ロック・オン・ザ・レンジで次の週末には君たちをロックさせたいと思っている。改めて申し訳ない。あらゆることが残念だが、こういうことはとにかく時に起こる」

KORNは最近、バンドがステートメントで「予想の付かない状況」から、バンドが今月行う予定だったツアー予定の7〜8ヘッドライナー公演をキャンセルしたところだ。

バンドは、何名での短いツアーから戻ったところだが、そこではMETALLICAのベーシスト、ロバート・トゥルージロの12歳の息子、タイがベースを弾いた。タイは、やはりグループが「予想外の状況」とから、ツアーに参加できなかったKORNの通常のベーシスト、レジナルド・フィールディ・アーヴィツの代わりを務めた。

現時点で、新たに延期された公演が、アーヴィツが南米ツアーに参加できなかったことと関係があるのかは不明だ。

KORNのSTONE SOURとの夏のツアーは、ソルトレイクシティーで、6月16日にスタート予定だ。

▼元記事
KORN Cancels POINTFEST Appearance So That JONATHAN DAVIS Can 'Rest His Vocal Cords'





2017年5月12日金曜日

[X Rocks 100.3] モーニング・アフター:コリィ・テイラー

モーニング・アフター:コリィ・テイラー

KQXR(2017年5月11日)






コリィ・テイラーをインタビューするのはとにかく楽しい。これまで何度もその機会を得てきたし、毎回どんどん良くなっていく。STONE SOURが新譜、「Hydrograd」を6月30日にリリースする! それからKORNと一緒にフォード・アイダホ・センターに6月25日にやってくるぞ。

インタビュワー:一つどうしても訊きたい質問があるんだ。君はBABYMETALのすごいファンだというんでね。

コリィ:ああ、そうだね(笑いながら)

インタビュワー:どうしてかというと、俺は何か見逃しているんだろうか、俺には難しいからなんだ。

コリィ:OK。こういうことだよ。たぶん俺たちが育ったのとは違ったファンを通じて彼女たちを見つける必要があるからなんだ。言ってることは分かるかな?

インタビュワー:ああ。

コリィ:俺がファンになったのは、息子がこのグループが大好きだったからだ。俺も最初はピンとこなかったよ。それから息子がBABYMETALに反応するのを見ていてね、シカゴ・オープン・エアでSLIPKNOTが演奏した時に、BABYMETALも演奏していた。その時に息子も一緒だった。そして彼はこれ以上ないくらいのファンになったんだ。そんな息子は見たことがなかった。息子が本当に追いかけ回していたのでBABYMETALに会ったし、ステージで彼女たちの演奏も見て、それで俺の彼女たちに対する見方がまったく変わったんだ。BABYMETALは楽しいんだよ! 見るのが楽しいんだ。リフはクールだし、それは、変な話だが、俺たちが12歳のときに俺たちははじめてKISSを見ることができたんだ。メーキャップをしててね。'70年代とか'80年代の話だ。同じものではないんだが、同等のものなんだ。イマジネーションをとらえるという意味でね。彼女たちは俺たちのようにいろいろなジャーナリズムやら音楽やらでスポイルされて育ってはいないだろうが、純真なんだ。それしか言えない。

▼元記事
Morning After: Corey Taylor





2017年5月10日水曜日

[Odyssey] なぜBABYMETALはあなたの世界をロックさせるのか

なぜBABYMETALはあなたの世界をロックさせるのか

あなたが予想もしていなかったバンド

カティー・アライナ・コップ(2017年5月9日)






音楽の趣味に関して、私はとても偏見がない。だが、誰かが一番苦手なジャンルは何かとたずねられたら、最初に口にするのはカントリーとメタルだろう。このジャンルが嫌いというわけではないが、頻繁に閲覧するものではない。ただし、予想外に私の方に向かってきたジャンルが一つあった。メタルだ。それもただのメタルではなく、とても違ったひねりを加えたメタルだ。このことを説明するにはこう言うのが一番良いだろう。KORNがGacktと融合し、カワイイ文化、ダブステップ、それにJポップをちょっぴり加えたもの。それがBABYMETALだ。

BABYMETALは、三人の女の子たちからなるアイドル・バンドだ。名前は中元すず香(スゥメタル)、水野由結(ユイメタル)、それに菊地最愛(モアメタル)。このグループについて私が一番驚いたのが年齢だ。彼女たちは、メンバーのうち二人がまだ12歳の時にグループを始め、当時もう一人は14歳だった。彼女たちのデビュー曲、"ド・キ・ド・キ☆モーニング"のミュージック・ビデオは、アップロードされてからわずか一ヶ月で百万ビューを達成した。

["ド・キ・ド・キ☆モーニング"へのリンク]

日本のアイドル文化の大多数は、非常にカワイイと表現することができる。だが、BABYMETALは方向転換する。パステル色で、カワイイ女の子たちが跳ね回る、アップビートのバブリーな音楽ではなく、よりダークな衣装を身にまとい、メタル・バンドを背後に従えた三人の女の子たちなのだ。彼女たちは、あの伝統的な日本のアイドル美学を多少は備えているが、ほんのわずかにすぎない。正直なところ、そのことは彼女たちのダンスと衣装にしか見て取れないだろう。それだけだ。それ以外には、典型的なアイドル・グループのよりメタルなバージョンを目にすることになる。彼女たちはストレートなメタル・ミュージックよりもはるかに多くのものを伝えてくれる。彼女たちの曲の中には、ダブステップ、ラップ、それにポップを含むものもある。彼女たちはメタルにそれ以外の音楽ジャンルを取り入れることを恐れず、そのことは正直なところ今まで見たこともなかったようなものだ。そのことがこのグループの最も興味深い部分だと思う。彼女たちは自分たちの音楽を方向転換する方法に長けており、そのことが何よりも私を魅了したのだと思う。

あなたがJポップもメタルも好きでなかったとしても、私はやはりBABYMETALを聴いてみることをお勧めする。いつもJポップ好きだった私も好きになるとは思っていなかった。私の音楽ライブラリーに持ち込んだ普通とは違ったものであり、そのことを後悔してはいない。私のお気に入りの曲は、"ギミチョコ!!"と"ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト"だ。"ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト"は実際には、曲中で異なったジャンル—この場合はダブステップ—でびっくりさせる数多くの曲の一つだ。とてもやばい。ジャンル・ミックスのうまく行っている他の曲は、"いいね!"だ。こちらはとても素敵なラップ・パートがある。

BABYMETALは本当にビッグになったので、THE FIN BROSや「ザ・レイト・ショー・ウィズ・ステーヴン・コルベア」のような西欧の連中からも認められている。彼女たちの音楽ビデオを見て、自分たちがとても楽しんでいることに気付いた、にんきユーチューバーもいる。彼らの反応はこちらから見られるよ!

[「YouTubers React To Babymetal」へのリンク]

▼元記事
Why Babymetal Will Rock Your World





[Whiplash.net] BABYMETALが「Malhação」のサントラに登場

BABYMETALが「Malhação」のサントラに登場

ラファエル・テスタ(2017年5月8日)






今日、5月5日に「Malhação」の新しいシーズンが始まった。1995年以来放映されているこの作品の今シーズンは、「Viva a Diferencia」(違いを生きる)と名付けられており、そのことはサントラにも反映されている。実に多彩だ。カロル・コンカ、EMICIDA、EGO KILL TALENT、エド・シーラン、THE CURE……そして最もびっくりしたのがBABYMETAL。

この日本のバンドは、"イジメ、ダメ、ゼッタイ"を提供している。

以下は、2014年のソニスフィア(原文ママ)における同曲の演奏だ。

▼元記事
Babymetal: presente na trilha sonora de Malhação




[Fuse] 未来のアジア太平洋の歴史月間:BABYMETALの広がり続ける支配

未来のアジア太平洋の歴史月間:BABYMETALの広がり続ける支配

どうする、ヘイターよ? その成功が大きくなる中、日本のポップ・メタル・シンガーたちのキャリアは注目を浴び、賞賛を集め続けている

ジェフ・ベンジャミン(2017年5月9日)






[BABYMETALインタビューへのリンク]

Fuseは、私たちの目前で未来のアジア太平洋の歴史を作り上げている様々な新興勢力にスポットライトを当て、アジア・太平洋系アメリカ人月間を祝っている。BABYMETALの世界的な支配が全力になってからしばらくになるが、このグループが受けている最も新しい賞賛と、最近の成功にどのように対応しているのかを見れば、彼女たちが本当に定着することは明らかだろう。

この日本のポップ・メタル・トリオは、昨年4月にセカンド・フルレンス・アルバム、「Metal Resistance」をリリースし、ビルボード200アルバム・チャートの39位にチャートインして、トップ40アルバムとなった。このLPは彼女たちの—英語の歌"The One"によってわかりやすいばかりでなく—これまでで最も良くまとまったアルバムとなっており、このお嬢さんたちがその予想外の音楽スタイルをどこまで進められるのかを証明した。それでも、どの成功を収めたバンドもそうだが、(たとえば、2016年のケラング!アワーズでベスト・ライヴ・バンドを受賞するときに、無礼に邪魔されたことや、ロブ・ゾンビとの写真をヘイターが攻撃したときのように)残念な時も会ったが、ファンとアーティストは同じように彼女たちを守り、ロブはBABYMETALは「俺たちが一緒にやってるバンドの90%よりもエネルギーがあるぞ」と語って大きな賛辞を送ってさえいる。その間、スゥメタル、ユイメタル、そしてモアメタル(上のビデオを見ればもう少し良く知ることができるだろう)は、いつも礼儀をわきまえた、気品のある態度を保ち、人生におけるドラマではなく、自分たちのキャリアを追究することに集中してきた。

このトリオが、最近(あのメタル・ゴッド、ロブ・ハルフォードと歌った)はじめての米国のアワード・ショーで演奏し、GUNS N' ROSES、RED HOT CHILI PEPPERS、KORNといったロックで最もビッグな複数のバンドと欧州やアメリカをツアーしたことからも、その結果は自ずから明らかである。Fuseの読者は、ブリットニー・スピアーズやアリアナ・グランデなどを破り、今日のポップ・ミュージックにおける最高の女性アーティストとしてBABYMETALに投票した。

スゥメタル、ユイメタル、そしてモアメタル—同じようにキャッチーでショッキングでもあるものすごい音楽を作り上げる三人の素晴らしいお嬢さんたち—が自分達に正直であり続ける限り、BABYMETALブランドは成長を続け、世界中のファンの元に届き続けるだろう。ポップとメタルの愛好家を一つにまとめるのは決して簡単なことではないが、BABYMETALはより大きく、寄り重要な舞台でこれを続け、日本のアーティストの間、そして歴史の中に確固たる地位を確立することは間違いないように思える。

(略)

[BABYMETALインタビューへのリンク]

▼元記事
Future Asian & Pacific History Month: Babymetal's Ever-Expanding Domination




[Press On This] 今週の一曲 – ギミチョコ!!

今週の一曲 – ギミチョコ!!

マーク・クロス(2017年5月9日)

ヒット・ソング、"ギミチョコ!!"でスリー・ドッグ・カップ準々決勝を勝ち抜いたBABYMETALにおめでとうを。BABYMETALは、TCTSの"Icy Feet"、それにMANSIONZの"Rich White Girls"との接戦となった準々決勝を通過した。

君の投票が今後のラウンドでも数に入るようにツイッターで俺たちをフォローしてくれ。

Babymetal – Gimme Chocolate

["ギミチョコ!!"へのリンク]

▼元記事
Song of the Week: Babymetal – Gimme Chocolate





2017年5月9日火曜日

[Gshow] 「Viva a Diferença」のサントラはカロル・コンカ、エド・シーラン、そしてTHE CUREをフィーチャー

「Viva a Diferença」のサントラはカロル・コンカ、エド・シーラン、そしてTHE CUREをフィーチャー

(2017年5月7日)

[ポルトガル語からの重訳です]






新しいシーズンの場面を満たすアーティスト、そして曲のフル・リストを確認してくれ。

「Malhação - Viva a Diferença」はまだ放映開始となっていないのに、既にそのサントラがすごい! ジェネレーションやスタイルの出会いが、この十代向け作品の魅力となっており、そのことは番組名にも反映されている。オープニング曲に登場するのはラッパーのカロル・コンカで、物語に合わせた強力な歌詞と癖になるビートで違いについて歌っている。カロルのほかに、'80年代のクラシックな英国のバンド、THE CUREの"In Between Days"、それにオルタナ・シーンの寵児、エド・シーランの名もある。

フル・リストを見てくれ:

(中略)

イジメ、ダメ、ゼッタイ
作詞作曲:Kei Kobayashi, Norikazu Nakayama, Tatsuya Tsubono, Takeru Youda
演奏:BABYMETAL

(後略)


▼元記事
Trilha sonora de 'Viva a Diferença' tem Karol Conka, Ed Sheeran e The Cure





2017年5月8日月曜日

[YouTube] OKILLY DOKILLYインタビュー

OKILLY DOKILLYインタビュー

ギア・ゴッズ(2017年4月24日)




BABYMETALはディドリー(あり)かドゥードリー(なし)かって? ドゥードリーだと思うな。赤ちゃんは楽器も持てないし、弾くこともできないと思う。赤ちゃんは良いメタルが作れないと思うし。もちろん楽器を落として、変な音を出せば、うまくいくこともあるかも知れないけど。赤ちゃんがメタルをやってるのを見たことないよ。

ディドリーだと思うな。子供がああいうのをやってるのはとにかくいいよ。

ディドリーだね。だって神様は子供たちを愛しているんだ。

[訳注:diddlyやdoodlyはシンプソンズに登場するネッド・フランダースが良く口にする台詞だそうです]

▼元記事
OKILLY DOKILLY Plays Diddly or Doodly? | GEAR GODS




2017年5月7日日曜日

[Twitter] リンジー・ジョーンズさんのツイート

リンジー・ジョーンズさんのツイート

(2017年5月6日)

[訳注:リンジー・ジョーンズさんは、アメリカのビデオ・ゲーミング・ウェブサイトで、ゲーム関連のビデオを主にYouTubeで流しているAchievement Hunterのクルーの一人で、声優も務めています]




Lindsay Jones‏認証済みアカウント @IAmLindsayJones
両親がはじめてBABYMETALのミュージック・ビデオを見ているのを見ているのは本当に信じられない

Lindsay Jones‏認証済みアカウント @IAmLindsayJones
で、今度は、初音ミクを見せてるけど、両親はとてもびっくりして、混乱している感じ。私が案内してるのはラッキーよね

SneepSnopImAMop‏ @SneepSnopImAMop
BABYMETALはすばらしい。こきおろさないでね

Lindsay Jones‏認証済みアカウント @IAmLindsayJones
こきおろす? 私はBABYMETALが大好きよ!

Mandy‏ @Spider_Mandy
君がBABYMETALが好きだなんて知らなかったよ! 今は君がもっと好きになった

nathan wall‏ @nathanielwall
次はLADYBABYを見せるんだよね?

Knipple Knight‏ @KnippleKnight
これ以上君は素晴らしくなれないと思っていたのに、君はBABYMETALが好きだと分かっちゃったよ❤

Dec Villanueva‏ @critictheworld
ご両親はBABYMETALにどう反応したんだい?😄

vuren‏ @vuren
"Road of Resistance"のライブは見せた?

BAMA-METAL‏ @rdnck_superhero
何てこった!!!! Kitsune up!!!

Redwud‏ @Redwud
俺の5歳の姪はBABYMETALをかけると、2曲ぐらいシンガロングするんだ。彼女は、"Karate"のダンスもほとんどできるよ

Pumpkin‏ @bree_is_real
ご両親はどう思ってる(爆

Lone_Planet_Walker‏ @hadokenpls
俺は"Karate"と"ギミチョコ!!"を見たところだ。すごくクールでノリノリだね!

Monique Dumaresq‏ @cinnamon_chat
録画してるよね?

Benjamin‏ @SinnerCoco
BABYMETALが大好きだ! "Karate"は名曲だよ。ポッピービデオのリアクションも見ないと

Babymetal Defenders‏ @romero_debster
ご両親は気に入った?

Justin Collison™‏ @JCollis0n
ベビー・ジョーンズをBABYMETALで育てるようにしてくれ 🙏🏼

REXX‏ @REXXltm
BABYMETALが大好きだ。コンサートに2度行ったよ

Kyle Garzon‏ @sixshotsix
BABYMETALを2週間くらい前に観た。彼女たちの音楽にこんなに夢中になるなんて思ってもいなかったよ。本当にすごい!

CrazyMorbidity‏ @CrazyMorbidity
妹がマナを大昔に両親に紹介したときに気に入ったんだ XD

Justin Anderson‏ @lockshotbarrage
BABYMETALはものすごいよ、うん xD

Righteous Hi5‏ @RighteousHi5
次はLADYBABYにしてくれ!

RenRoqs‏ @DragonJlc
PUT YOUR KITSUNE UP!! (キツネだお)

▼元記事
ツイッター




2017年5月6日土曜日

[AXS] BABYMETALの五大キツネ祭りには興味深い入場ルールがある

BABYMETALの五大キツネ祭りには興味深い入場ルールがある

トム・シャックルフォード(2017年4月18日)




BABYMETALが先日発表した「五大キツネ祭り」には、性別、年齢および服装に関する入場制限が含まれる。

最近はライブ・イベント業界を過剰なまでの音楽フェスが席巻しているが、プロモーターは厳しい競争から自分たちのブランドを区別する独自の方法を見つけ出さなければならなくなっている。BABYMETALとして知られる日本のヒット・ポップ=メタル・クロスオーバー・バンドは、今年の夏に複数の都市で音楽フェスを行うが、このイベントに参加する条件は、これ以上考えられないくらいニッチなものとなっている。

「五大キツネ祭り」と名付けられ、最近発表された移動するイベントは、7月18日にスタートし、8月30日に終了する日本のいろいろな都市で行われる。本当の売り物は、それぞれのショーには5種類の異なったテーマがあり、性別、年齢、および服装に基づいて客の入場を拒否するかも知れない。

バンドのウェブサイトでの発表によれば、「五大キツネ祭り」は、個別のショーの名前と要件に分けられている。すなわち黒キツネ祭り(男性のみ)、赤キツネ祭り(女性のみ)、金キツネ祭り(12歳から19歳のみ)、銀キツネ祭り(60歳以上および小学生以下)、そして白キツネ祭り(コープスペイント)となっている。

このようなルールは親切な提案ではなく、発表が具体的に述べているように「各公演にはそれぞれ参加条件がございます。必ず参加条件および記載事項を全てご確認の上お申込みください。参加条件を満たさない場合、参加条件を証明できない場合は、チケット購入のご当選者ご本人であっても、入場をお断りいたします」とある。

BABYMETALは4月29日まで、RED HOT CHILI PEPPERSの前座として北米をツアー中だ。フェスおよび発表の詳細についてはこちらをクリックしてくれ[リンク]。

五大キツネ祭り日程
7/18 – 港区@赤坂BLITZ(男性のみ)
7/19 – 港区@赤坂BLITZ(女性のみ)
7/20 – 港区@赤坂BLITZ(十代のみ)
7/25 – 東京@ダイバーシティ東京(小学生以下および60歳以上)
7/26 – 東京@ダイバーシティ東京(コープス・ペイント)
08/08 – 名古屋@Zepp(小学生以下および60歳以上)
08/09 – 名古屋@Zepp(コープス・ペイント)
08/29 – 大阪ベイサイド@Zepp(小学生以下および60歳以上)
08/30 – 大阪ベイサイド@Zepp(コープス・ペイント)

▼元記事
Babymetal’s Five Fox Festival contains interesting admission rules




[Metal Soliloquy] レビュー:仮バンド—仮音源(2017)

レビュー:仮バンド—仮音源(2017)

M・シュミット(20175月2日)






仮バンド—仮音源demo
2017年4月26日(日本)、Bellwood Records
EP (25分)
ジャズ・フュージョン、ジャズ、プログレッシヴ・ロック

ラインナップ:
藤岡幹大:ギター
BOH: ベース
前田遊野:ドラムス

トラック:
01. Common Time’s Logic
02. Chuku
03. Ninja Groove (Ninja)
04. Djentleman
05. Jamrika
06. Snowflakes

日本のカワイイ・メタルの風雲児、BABYMETALはおそらく、現在メタル・シーンで最も「議論の多い」バンドの一つだろう。おそらく、このプロジェクトに関して何らかの意見を持たないメタルヘッドはほとんどいないはずだ。多くはBABYMETALが大好きで、多くは憎んでいて、それは構わない。でも一つだけ同意できる点があるはずだ。それはBABYMETALのバッキング・バンドのミュージシャンは本当に才能のある連中だと言うことだ。

仮バンドは、大村孝佳のソロ・プロジェクトに続く、BABYMETALのバッキング・バンドで演奏している(していた)ミュージシャンで構成される2番目のプロジェクトだ。

仮バンドは、ギターに藤岡幹大、ドラムスに前田遊野、そしてベースに全能のBOHをフィーチャーしている。仮バンドという名前はざっと訳すと「一時的なバンド」あるいは「仮のバンド」という意味で、BABYMETALのバッキング・バンドの正式な名前である神バンド(神のバンド)のダジャレになっている。

このプロジェクトについて読んだ時、俺はそのデビューでこのバンドがこういう音楽を演奏するだろうというアイデアがあった。BABYMETALのスタイルを考えれば、メロディアスでどちらかというと疾走系のプログレ・メタル・アルバムだ。だが、あまり合っていなかったようだ。

「仮音源」はジャズ・フュージョン・アルバムで、スタイル的にはやはりことシダビュー・アルバムをリリースしたNOVA COLLECTIVEに近い。サウンドは伝統的なジャズとプログレッシヴ・ロックの中間のフュージョンであり、時々よりメタリックでジェント的な方向へ向かい、ANIMALS AS LEADERSのようなプロジェクトを思い出させる。

このEPは、デモと名付けられているが、実際には完全に制作された、一貫性のあるアルバムに響く。非常に素晴らしく興味深いが、作曲自体はこのジャンルにおいてものすごく革新的とは言えないが、何が傑出しているかというとミュージシャンシップだ。BOHはものすごいベーシストだ。彼は既にBABYMETALとの仕事でそのことを示しているが、ここではようやく、本当の姿を見せるチャンスを得ている。幹生と遊野も、自分の楽器の絶対的な達人だ。またクラシックなジャズ楽器、サックスとピアノのゲスト・ミュージシャンも素晴らしい仕事をしている。

全体として、このEPはものすごく才能のあるミュージシャンによる素晴らしいジャズ・アルバムで、ダイナミックで楽しく、リラックスできる。連中からさらに多くが届けられるのが待ちきれない。

Spotifyでこのアルバムを聴くことができる。

▼元記事
Review // Kari Band – Kari Ongen (2017)





[Bradenton Herald] RED HOT CHILI PEPPERSがタンパのアマリー・アリーナを白熱させる

RED HOT CHILI PEPPERSがタンパのアマリー・アリーナを白熱させる

マーティ・クリア(2017年4月26日)






遠く1980年代前半に、カリフォルニアでどちらかというと新規物のバンドが結成された。彼らはRED HOT CHILI PEPPERSを名乗り、そのラインナップはシンガーのアンソニー・キーディス、ベーシストのフリー、ギタリストのヒレル・スロヴァク、それにドラマーのジャック・アイアンズだった。

スロヴァクは死に、アイアンズは去り、PEARL JAM、それにELEVENを含む他の素晴らしいバンドに加わった。次第にレッチリの音楽は寄り洗練され、内省的なテーマと、ファンク、ロック、パンク、それにちょっとばかりのジャズを融合した個性的なスタイルを持つようになった。デイヴ・ナヴァロを含むギタリストがバンドのメンバーとなり、チャド・スミスが最も知られるドラマーとなった。バンドは、20世紀後半から21世紀前半にかけて、最も人気があるバンドの一つとなり、"Give It Away"、"Under the Bridge"、"Californication"、それに"Dani California"といったヒットを飛ばした。

レッチリが木曜日にアマリー・アリーナに登場し、見方によれば、オリジナル・ドラマーのアイアンズがRED HOT CHILI PEPPERSと再会する。アイアンズは、RED HOT CHILI PEPPERSのショーの2組の前座の一つだ。

もう一つの前座はBABYMETALで、本当にソリッドなメタル・バンドをバックにした3人の十代の少女たちで構成される作り物のボーカル・グループを持つ、本当に奇妙な日本のバンドだ。彼女たちは、十代の女の子たちがメタルを歌うと行った、君が予想するような音を出すが、ちょっとした信用ががある。彼女たちは何ヶ月もRED HOT CHILI PEPPERSとツアーし、昨年のオルターナティブ・プレス・ミュージック・アワードで、JUDAS PRIESTのロブ・ハルフォードは、彼女たちのヒット曲、"Karate"を一緒に歌っているのだ。(原文ママ)

詳細:4月27日、アマリー・アリーナ、タンパ市401チャネルサイド・ドライブ、チケット:49ドル〜99ドル、電話:813-301-2500、ウェブサイト:amaliearena.com.

▼元記事
Chili Peppers heat up Amalie Arena in Tampa




[Informador.mx] RED HOT CHILI PEPPERSとBABYMETALが共演

RED HOT CHILI PEPPERSとBABYMETALが共演

エクトール・ナバロ(2017年4月30日)

[スペイン語からの重訳です]






フリー、チャド、ジョシュが、メーキャップして集まって、"ギミチョコ!!"を演奏

多くから愛され、その他から憎まれているBABYMETALは達人ミュージシャンのグループにサポートされている女の子三人組で、今度はRED HOT CHILI PEPPERSのメンバーと共演を果たした。

BABYMETALはカワイイ・メタルとJポップを代表するバンドで、このカリフォルニアのバンドの米国ツアーの一部で前座を務めた。

世界中にその名をとどろかせた"ギミチョコ!!"の間に、フリー、チャド、ジョシュ(RED HOT CHILI PEPPERSのベース、ドラムス、ギター)がアジア人のミュージシャンと同じ扮装で、ステージに上がった。

数ヶ月前にチャド・スミスが、BABYMETALと同じようなメーキャップでJUDAS PRIESTの"Painkiller"と"Breaking the Law"を演奏しているので、RED HOT CHILI PEPPERSのメンバーにとって、BABYMETALとの初共演という訳ではない。

RED HOT CHILI PEPPERSは、10月10日および11日にパラシオ・デ・ロス・デポルテスで行われるコンサートで「The Getaway」アルバムのプロモーションを行う。またBABYMETALはセカンド・アルバム、「Metal Resistance」をフォローアップしている。

BABYMETALは少しずつ世界中でフォロワーを獲得している。実際、今年1月に彼女たちは韓国でMETALLICA、日本でGUNS N' ROSESの前座を務めている。

▼元記事
Red Hot Chili Peppers y Babymetal comparten escenario





[Blabbermouth] DRAGONFORCE:最速インタビュー(パート1)(ビデオ)

DRAGONFORCE:最速インタビュー(パート1)(ビデオ)

(2017年5月3日)






新しいDRAGONFORCEとの最速インタビューのパート1は下で見ることができる。

DRAGONFORCEの新譜、「Reaching Into Infinity」がearMUSICから、CD、LPそれに特別盤のCDおよびDVDで5月19日にリリースされる。2014年の「Maximum Overload」に続くアルバムは、オリジナル・フロントマンのZPサート(現在はSKID ROW)の脱退後の2011年にシンガーのマーク・ハドソンが参加してから3枚目のフルレンス・スタジオ・アルバムとなる。

「Reach Into Infinity」のレコーディング・セッションの多くは、これまでにOPETH、THE DEVIN TOWNSEND PROJECT、AMON AMARTH、KATATONIA、SOILWORK、SYMPHONY Xなどと仕事をしてきたプロデューサーのイェンス・ボグレンを迎えて、スウェーデンのエレブルーにあるファッシネーション・ストリート・スタジオで行われた。バンドはまた英国ロンドンのレイマールーザー・スタジオ、英国ウイットニーのダーク・レイン・スタジオ、フランス、シャルルビル=メジエールのバンドのイービル1・スタジオ、それにカリフォルニアのシュレッドフォース・ワン・スタジオで、「Killer Elite」ベスト盤のツアー中にトラックダウンが行われている。

「俺たちは飛び回り、フェスで演奏し、それからスタジオに戻り、また出かけたんだ」とDRAGONFORCEのベーシストでこのアルバムの多くの曲を手がけたフレデリク・ルクラークは語っている。「非常に忙しくて、とても疲れた。俺はもちろんベースを弾いているが、またエレクトリックそれにアコースティックのリズム・ギターを演奏し、何度か切れてもいる。全員がどこかで切れてたと思うよ。みんな最高のものを届けたかったからね」

7枚目のスタジオ・アルバムで、DRAGONFORCEは、威嚇とメロディーの両方によって、激しく、絶望的で、楽しいこれまでにないサウンドを展開した。

「俺たちは、高速で演奏することは俺たちの得意なことだというのを証明してきたので、今回は音楽により多様性を持ち込みたかった」と、フレデリクは続ける。「快適なところに留まるのではなく、自分自身に挑戦することは素晴らしいし、マークのヴォーカルで実験をしてみたかったんだ。彼のブルータルさにびっくりすると思うよ」

「Reaching Into Infinity」は、DRAGONFORCEにとって、DRAGONFORCEサウンドを完璧に支えるための、狂ったように印象的な演奏を行ったイタリア人ドラマー、ジー・アンザローネをフィーチャーした初めてのアルバムだ。もちろんDRAGONFORCEサウンドのトレードマークである、ギタリストのハーマン・リとサム・トットマンによる狂ったほど高速のソロは変わらない。

「アルバムのタイトルが、自分たちの音楽でやろうとしたことの多くを説明している」とフレデリクは結論づける。「現在の世界は本当に狂っている、未来への恐怖、不確実性がある。でも音楽の力は無限で、人々に強さと希望を与えることができるんだ」

バンドは、4月12日に、カムデン・タウンのロンドンズ・ブラック・ハートで行われる一度限りの限定ショーで新曲をファンに披露する予定だ。

トットマンは「これはものすごいことになる! 俺たちは親密なショーでスタートしたい。これは俺たちが2005年にバーフライで3週間公演をして以来、最も小規模なロンドンでのショーになる。ワイルドで汗まみれのパーティーになるぜ!」

「Reaching Into Infinity」は、以下のフォーマットで入手可能となる:

(略)

▼元記事
DRAGONFORCE: Part One Of New Rapid-Fire Interview (Video)





[MetalSucks] BABYMETAL、DEF LEPPARDなどがどれくらい稼いでいるか知りたいか?

BABYMETAL、DEF LEPPARDなどがどれくらい稼いでいるか知りたいか?

メタルサックス(2017年5月4日)






最新のボックススコア・レポートが発表になり、いつも通りThe PRPがこれを分類するという大仕事をやって、注目に値するメタルやハード・ロック・バンドのボックス・オフィスの数字をアップした。今週のレポートは、君が気にするようなメタル・バンドはあまりないが、それでも数字を見るのはいつでも楽しい。

いつも通り、こうした数字はこういったアーティストが家まで持ち帰る正確な数字を反映しているものではない。チケットの数が入ってきた後で、バンドは前座に払い、クルーや旅費をまかない、プロモーターに手数料を払い、マネージャーやブッキングエージェントに支払うといった具合だ。一方で、この数字にはマーチャンダイズの売上は入っていない。だが、こうしたボックススコア・レポートによって、特にお互いと比較して、それぞれのバンドがどれくらい稼ぐ力があるかという一般的なアイデアを得ることができる。

いくつか挙げておこう:

アーティスト:Red Hot Chili Peppers, BABYMETAL & ジャック・アイアンズ
会場:フロリダ州マイアミ、アメリカン・エアラインズ・アリーナ
日付:2017年4月29日
総売上:1,314,362ドル
入場者数/収容力:13,554 / 13,554
チケット価格:103ドル、53ドル

アーティスト:Red Hot Chili Peppers, BABYMETAL&ジャック・アイアンズ
会場:フロリダ州オーランド、アムウェイ・センター
日付:2017年4月26日
総売上:1,178,414ドル
入場者数/収容力:12,557 / 12,557
チケット価格:102ドル、52ドル

アーティスト:Def Leppard, Poison & Tesla
会場:ミシガン州グランド・ラピッズ、バン・アンデル・アリーナ
日付:2017年4月17日
総売上:896,974ドル
入場者数/収容力:9,935 / 9,935
チケット価格:125ドル、39.50ドル

詳細はボックススコアで。(リンク)

▼元記事
Wanna Know How Much Babymetal, Def Leppard, and Others Earn to Play Live Shows?





[Homicidols] 俺たちのアイドルはアイドル全体に対してどの辺にいるのか

俺たちのアイドルはアイドル全体に対してどの辺にいるのか

ホミサイドル・マニアック(2017年5月5日)






歳月を経てアイドルの世界はずいぶん変わってきた。基本的にはド田舎の日本のエンターテインメント版から世界最大のスターの一つまで、その人気において、上に下に、前に後ろに、アイドル自体が盛衰を重ねてきた。それからここ数年の間の音楽的な多様性に関する文化的な変化や変遷が起こり—この馬鹿げたウェブサイトの存在意義そのものだ—、様々な個人がポップ文化のタッチポイントとなって、これが全体としてどうまとまるんだろうと思うかも知れない。

つまり、残りに対して、俺たちのアイドルはどれくらい人気があるんだろうか?

ならばチェックするべきだ。先日、トリガー・ウォーニングがこのことを確認してくれた:

[Milanのツイートへのリンク]

立派なもんだろ? 俺は時間を経ての動きを見るのが好きなんだ—トップ・スリー(特に、特にPERFUME)は、しばらくの間安泰だが、それより下のチャート全体で山のような動きがある。

そして(これはうーむだが)2015年以来ずっとでんぱ組inc.の上で、BABYMETALが12位となっているが、これは賛否で同時にRedditが炎上しそうなことだ。それ以外には俺たちのアイドルはいない。Babyraids JAPANは少なくともほぼレギュラーで、PASSPOもだ。チームしゃちほこは、ずっと入ってきたが、それくらいだ(俺がももクロは探りたくないと文句を言っていることを別にすればだが。)

でもそうだな、BiSHやPassCodeのような連中が視野に入ってくるように努力はしているよな。ファンがたくさんいて、NHKにも出たし、メジャーなプロデューサーとコラボもしてきたが、それでもアイドルの最もビッグなプレイヤーの間ではまったく見つからない。人気や価値や文化的影響といったことについての地味な議論を通じて、物事がきちんと見えるようになってはいる。

金曜の始まりがこれか! お楽しみはケリーで、彼女の最もインスピレーションに満ちた作品があるので、注目してくれ。

▼元記事
Where Our Idols Stand vs. All Idols





[issuu] 初心者のためのカワイイ・メタル・ガイド

初心者のためのカワイイ・メタル・ガイド

あなたの次のカーディオワークアウトのプレイリストになるかも知れないものへの入門

エリサ・バルビエ(2017年3月14日)






カワイイ・メタルとして知られる新しいメタルの波が始まったのは、7年前の日本でのことだった。この新しいメタルのサブジャンルが、苦労なく、音楽の世界にその居場所を見つけ出した。そのスタイルは、メタル・シーンでは見たことのない何か、すなわち、異なったメタルのジャンルやサブジャンルのファンを集めてモッシュさせるというユニークさをもたらした。

カワイイ・メタルは、日本のポップ、パワー・メタル、それにスラッシュ・メタルを組み合わせたものとして定義することができる。カワイイ・メタルにおけるパワー・メタルの美学は、クリーンでソフトで、通常はハイピッチのボーカルによるアップビートのメロディーとなった。一方でスラッシュ・メタルの要素は、低いボーカルとスクリームを伴った複雑な演奏と攻撃性を加えている。どちらのサブジャンルも、ツーバスのドラミングと複雑なギター・リフを融合し、カワイイ・メタルを作り上げる。

カワイイ・メタルの最後のサウンドの要素が、ソフトなボーカルと低いボーカルを組み合わせる、エネルギッシュでユニークなメロディーだ。このサブジャンルは、男性中心のメタル・シーンとは異なり、独自にヘビー・ロックの世界に女性らしいボーカルを導入する。

カワイイ・メタルの歌詞は、メタルの通常の、明白に取り上げられる題材とは異なる。カワイイ・メタルのバンドは、死よりも愛、苦痛よりも人生の喜び、殺人よりも社会問題に焦点を当てた、人を力づける、肯定的な歌詞を好む。

このサブジャンルに独自の側面の一つが、必須の日本的な美学だ。カワイイ・メタルのシンガーたちは、演奏中、可愛らしく、女の子らしい学生服やメイド服を身につける。バンドの衣装の選択によって、バンド・メンバーはステージでのキャラクターを作り上げ、そのことがカワイイ・メタルの演奏をバンドごとにユニークなものとしている。

最も有名なカワイイ・メタル・グループがBABYMETALだ。このバンドは、3人のシンガーと4人のミュージシャンで構成されており、カワイイ・メタルの注目の中心となっている。ニュース・ウェブサイトのInverseによれば、このグループが2013年に結成されたとき、ニックネームをスゥメタルというリード・シンガーは13歳で、残りの二人のシンガー、モアメタルとユイメタルは11歳だったという。

グループは、その音楽の独自性を中心に置いたコンセプトと共に、ゴスロリのルックスを開発した。このコンセプトは、バンドが発明した「存在」であるフォックス・ゴッドに基づいてる。フォックス・ゴッドは精霊であり、人でも動物でもない。バンドによれば、フォックス・ゴッドがBABYMETALの女の子たちを選んだが、これはそれまで彼女たちがメタルの知識を持っていなかったので、フォックス・ゴッドの目には完璧に映ったからだという。フォックス・ゴッドの定めるところにより、BABYMETALはメディアに今後の計画を明かすことも、新しいプロジェクトに関する質問に答えることもなく、その代わりにインタビューでは、「Only the Fox God knows」と言うだけだ。

2014年の夏に、BABYMETALはワールド・ツアーを開始した。このことで、カワイイ・メタルが国際的な音楽シーンに入り込んだ。2014年以降、バンドは23の音楽賞を受賞している。

すべてのリスナーがこのメタルのスタイルを革新的だと受け入れているわけではない。実際、メタル・ファンの一部はこのジャンルがミュージカルやポップ・ショーに見えるとして、メタル魂を代表するものであるとは考えていない。BABYMETALを含む、カワイイ・メタル・グループの中には、ポップ音楽業界から本当に差別化し、できる限りメタル・コミュニティーを代表する者となることを目標としてきた。

BABYMETALは、これまでにレディー・ガガ、METALLICA、GUNS N' ROSES、RED HOT CHILI PEPPERS、現在はKORN、それにRED HOT CHILI PEPPERSの米国ツアーの前座を務めるという栄誉を受けている。BABYMETALのウェブサイトによれば、BABYMETALはまた、DRAGONFORCEと「Metal Resistance」を作曲し、演奏している。

BABYMETALの日本的なトーンとエキサイティングなギター・リフは、多くの好奇心の強いリスナーを惹きつけ、日本のバンドがこれに従っている。現時点での有名なカワイイ・メタル・グループとしては、DOLL $ BOXX、BAND-MAID、それにLadyBabyがある。

カワイイ・メタルのJポップの側面に忠実であり続けるため、上述のバンドはすべて、特定のターゲット・オーディエンスを魅了し、育てるための具体的なコンセプトやテーマを持っている。

勉強したり、エクササイズしたり、家事をしたりする時にやる気を求めるなら、カワイイ・メタルは目指すべき素晴らしいジャンルだ。さらにカワイイ・メタルを追究したいなら、Twitterから始めると良いだろう。新しいグループや曲を共有しているアクティブなコミュニティーが見つかるはずだ。

カワイイ・メタルを探求するなら:

BABYMETAL:
メギツネ
イジメ、ダメ、ゼッタイ
ヘドバンギャー
Catch me if you can
Karate
Road of Resistance
あわだまフィーバー

LadyBaby:
ニッポン饅頭
アゲアゲマネー
セシボン・キブン

Doll $ Boxx:
from Dolls Apartment
monopoly
Take My Chance

BAND-MAID:
Thrill
Don't Let Me Down
Don't you tell me


 ▼元記事
A beginner's guide to Kawaii metal




[Metal Addicts] DRAGONFORCEのハーマン・リ:「メタルコアは何年も前につぶれると思っていた」

DRAGONFORCEのハーマン・リ:「メタルコアは何年も前につぶれると思っていた」

リーダー(2017年5月3日)






ノクターン誌とのインタビューで、DRAGONFORCEのギタリスト、ハーマン・リは、一般的なメタルコア・バンドには飽き飽きしており、メタルコアは何年も前につぶれるだろうと思っていたと語った。

リは次のように語っている。「俺は[GHOSTやBABYMETALのように]自分たちを差別化しているバンドがいることは素晴らしいと思う。同じようなサウンドを試しているバンドはもういやになっているからね[グロウルの真似をする]]

「つまり、メタルコアは何年も前につぶれると思っていた。2017年になっても同じことをやろうとしている連中がいる。くだらない。なぜそれがクールなのか分からない」

「これは一つのシーンで、君は出かけて楽しむだろうが、音楽的には自分たちに挑戦しようとしていない。たぶんまだそこまで成長していないんだろう」

「BRING ME THE HORIZONのようなバンドは音楽は好きじゃないが、挑戦して別のレベルに上がっていったのは分かる。でも同じことをやり続けているバンドもいるんだ」

「連中は自分たちのスタイルでやっているんじゃなく、他の連中がやっているスタイルをやり続けている。仕方ないところもある。成長には時間が掛かるから。ただ、それは有機的でなければならない。だから俺は自己矛盾しているかも知れない(笑)。有機的でなければ成長できるだろうか? それが連中の演奏したいことで、それがそういうものならば。だから俺のことはほっといてくれ」

リはまたチャットの間に次のように述べている。「正直なところ、GHOSTは聴かないんだ。ただ言い合いことは分かる。俺はsLIPKNOTみたいなのも聞いたことがなかったし、一緒にツアーをした時には、「OK、分かった」と思った」

「DISTURBEDみたいなバンドにはまったく興味がない。でも彼らをライブで見れば、「なんで人気があるのか分かる」と思うだろう。それがああいった連中を分けるものなんだ」

「俺がそのバンドを好きじゃないとしても、そのことには関心を払う。ただ、そういったものを単純に作ることはできない。それは一つにまとまるものじゃないければいけない。意識して考える事はできるだろうが、うまく行くかそうじゃないかなんだ」

▼元記事
DRAGONFORCE’s HERMAN LI: ‘I Thought Metalcore Was Going To Die Years Ago’





[Daddy Warpig's House of Geekery!] レッチリ&BABYMETAL・ライブ・イン・コンサート

レッチリ&BABYMETAL・ライブ・イン・コンサート

ダディー・ウォーピッグ(2017年5月2日)






レッチリは現在、カワイイ・メタル・バンド、BABYMETALと米国ツアー中だ。

レッチリは、フルに神バンドの衣装を着て、このものすごいメタルのませガキたちと一緒に演奏を行い、ファンの何人かがこの演奏を録画して、(もちろん)YouTubeにアップロードし、さらに別のファンがこれをダウンロードして、この公演のファン製の音楽ビデオにまとめた。

それが……これだ!

[ビデオへのリンク]

▼元記事
RHCP AND BABYMETAL LIVE IN CONCERT!